化学業界について-就職マニュアル

化学業界

CHEMISTRY

化学業界に何となく興味は持っているものの業界の事は詳しく知らない。仕事内容は?職種は?志望動機は特にないけど大丈夫?など化学業界の就職や転職に役立つノウハウをまとめました。

化学業界について

化学業界と属する企業について

 近年の化学メーカーは環境・エネルギー関連などの高付加価値製品に注力している。

化学業界とは原料を化学反応によって加工する産業のことを指します。

化学業界に属する企業は三菱ケミカルHD、信越化学などの総合系、住友化学、三井化学などの原料・素材系、旭化成、DIC等の加工品系に分けられます。

近年の化学業界の特徴と就職について

近年の化学業界は、中東や中国などの安価な汎用品の流通などを背景に、LED照明部材、太陽電池部材、リチウムイオン電池部材など収益性の高い高付加価値品の比率を高めています。

化学業界の研究職に就く場合は、一般的に大学や大学院での化学専攻が基準となります。化学業界は研究開発が主軸の業界です。大手化学メーカーでは化学専攻での研究室からの推薦が中心に行われていますので、まずは大学や大学院での化学専攻を前提に考えてみて下さい。

就職の際は、自分の専攻した分野に近い企業の求人募集から選択します。一口に化学といっても、石油化学品、基礎化学品、機能商品、有機・無機化学品など扱う商品は様々です。まずは自分の専攻と合致する企業の求人に募集しましょう。

事務職に就く場合、職種は主に営業や物流となります。企業の扱っている商品や財務状態、将来性などを加味し、気になる企業を選択しましょう。

関連リンク

注意・免責事項
当化学業界の就職情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず事実関係をご確認ください。