飲食業界について-就職マニュアル

飲食業界

EATING-OUT

飲食業界に何となく興味は持っているものの業界の事は詳しく知らない。仕事内容は?職種は?志望動機は特にないけど大丈夫?など飲食業界の就職や転職に役立つノウハウをまとめました。

飲食業界について

飲食業界と属する企業について

飲食業界は競争が厳しく淘汰のスピードも速い。システムの効率化・合理化も進んでいる。

飲食業界とは食品を調達し調理、加工、食事場所の提供を手掛ける産業全般のことを指します。

飲食業界に属する形態としては主に、ファミリーレストラン、ファーストフード、中華料理、和食、丼もの、麺類、カレー、寿司、お弁当、居酒屋、焼き肉、カフェなどが挙げられます。

近年の飲食業界の特徴と就職について

飲食業界は競争の激しい業界でもあります。飲食業界全般の参入障壁は低く、新規参入が容易な業界でもあります。こうした厳しい環境で企業が生き残るには単においしいものを提供するだけでなく、事業の効率性や収益性も重要となります。

近年ではファミリーレストランや丼ものチェーン、居酒屋を中心に商品の高品質・低価格化が進んでいます。こうした商品の高品質・低価格化を支えるのが各企業のマーチャンダイジングであり、各企業はシステムの効率化・合理化を常に図り、いかに安くておいしいものを提供するかといった事に日々努力を注いでいます。

飲食業界に就職するにはまず、あなたが気になる企業や好きな企業を選ぶと良いでしょう。飲食業界は私たちの身近にあるため他の業界に比べ企業の知名度も高いものです。知っている企業や興味ある企業を調べるところから始めましょう。

また、飲食業界は競争の激しい業界でもあります。企業の淘汰のスピードは速く、今好調な企業でも10年後も良いという保証はありません。好きな企業を選ぶと同時に、その企業の財務状態や将来性もあわせてチェックしておきましょう。

関連リンク

注意・免責事項
当飲食業界の就職情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず事実関係をご確認ください。