テレビ業界について-就職マニュアル

テレビ業界

TELEVISION

テレビ業界に何となく興味は持っているものの業界の事は詳しく知らない。仕事内容は?職種は?志望動機は特にないけど大丈夫?などテレビ業界の就職や転職に役立つノウハウをまとめました。

テレビ業界について

テレビ業界と属する企業について

テレビ業界は学生に人気の業界の一つ。就職率は高く難関とされている

テレビ業界とはテレビ放送に携わる産業のことを指します。

テレビ業界に属する企業は主に地上波系、衛生放送系、ケーブルテレビ系に分けられます。

近年のテレビ業界の特徴と就職について

近年のテレビ業界はインターネットの台頭などを背景に民間地上波系のテレビ視聴率が低迷傾向にあります。また、地上デジタル放送が2011年に開始され、放送と通信の融合など新たな転換期を迎えています。

テレビ業界に就職するには、地上波系のテレビ局(キー局、ローカル局)に入社するか、衛星放送やケーブルテレビを運営している会社に就職するかの選択があります。

地上波系のテレビ局に就職する場合には、希望する職種によっても異なります。テレビ局の職種は大きく2つに分かれ、総合職と技術職に分けられます。総合職にはアナウンサー、ディレクター、記者、制作、編成など、技術職には照明、カメラマン、音響、中継スタッフなどが挙げられます。

また、テレビ局に入社する際には注意が必要で、基本的に大卒以上の学歴が必要です。また、通常の会社と異なり、テレビ局の就職活動開始時期は早い傾向にあるため注意が必要です。

関連リンク

注意・免責事項
当テレビ業界の就職情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず事実関係をご確認ください。