不動産業界について-就職マニュアル

TOP不動産業界就職マニュアル > 不動産業界について
不動産
不動産業界に何となく興味は持っているものの業界の事は詳しく知らない。仕事内容は?職種は?志望動機は特にないけど大丈夫?など不動産業界の就職や転職に役立つノウハウをまとめました。

不動産業界 就職マニュアル

不動産業界について

不動産業界の職種と仕事内容

不動産業界の志望動機のヒント

不動産業界について

不動産イメージ一口に不動産業界といっても色々な分野がある。まずは自分の興味のある分野を見つけよう。

不動産業界と属する企業について

不動産業界とは不動産の取得や開発、流通、管理などに携わる産業のことを指します。

不動産業界に属する企業は三井不動産、三菱地所などの総合系、大京、コスモスイニシアなどのマンション分譲系、東急コミュニティ、日本ハウズイングなどのマンション管理系、三井不動産販売、東急リバブルなどの販売系、エイブル、アパマンショップなどの賃貸系等に分けられます。

近年の不動産業界の特徴と就職について

近年の不動産業界は、平成20年秋の金融危機を発端に好調だった都心オフィス需要は影をひそめ、空室率が急上昇。2012年に入り市況が底を打ったとの見方もありますが、まだまだ本格的な回復は見込めず今後の不動産業界の先行きは不透明といえます。

不動産業界に就職するには、不動産会社に就職します。ただし、上記のとおり不動産会社にも様々な分野(総合、分譲、管理、賃貸など)があり、分野によって職種や仕事内容も異なります。まずは不動産業界の中でどの分野に興味があるのかを定めて希望する分野の会社を調べ就職活動を行いましょう。

不動産会社の就職は一括採用の後、各部署に配属されるのが一般的です。例年、三井不動産や三菱地所、住友不動産など総合系の会社に人気が集まり、採用数も少ないので狭き門となります。