業界ランキング一覧コンテンツです。

業界動向サーチTOP業界ランキング

業種・業界ランキング

業界のランキングをまとめて掲載しています。
規模・利益率・総資産・労働者数・勤続年数・平均年収など様々な指標をランキングにまとめました。
下記ランキングを見ることによって、その業界の特色やビジネスモデル、収益構造の特徴なども把握することができます。
各リンクをクリックするとその業界の詳細ページが表示されます。データは平成26年3月決算期(他時期決算企業あり)。
業界は随時追加され、データも更新されます。

データ最終更新日:平成27年1月

業界規模ランキング
 
業界名
業界規模(円)
卸売
88兆1,642
電気機器
80兆7,077
家電
67兆1,522
4
自動車
60兆3,720
5
小売
56兆3,953
6
金融
49兆4,890
7
専門商社
41兆2,127
8
総合商社
31兆1,307
9
通信
29兆0,152
10
石油
28兆9,939
総資産額ランキング
 
業界名
総資産額(兆円)
金融
1,306兆7,920
銀行
1,038兆6,024
証券
107兆8,115
4
電気機器
89兆1,545
5
自動車
84兆2,955
6
卸売
81兆3,882
7
家電
72兆5,675
8
損害保険
57兆1,622
9
総合商社
53兆3,203
10
通信
52兆5,807
経常利益ランキング
 
業界名
経常利益(億円)
金融
9兆6,925
銀行
6兆5,004
自動車
4兆9,383
4
電気機器
4兆1,416
5
通信
3兆5,225
6
家電
2兆9,466
7
卸売
2兆5,226
8
小売
2兆2,747
9
機械
2兆1,513
10
携帯電話
2兆0,353
ワンポイントメモ

業界規模とはその業界における主要対象企業の売上高の合計を表したものです。このランキングに属する業界はいずれも日本を代表する産業で、日本経済に与える影響が大きい業界と言えます。

利益率ランキングでは収益性の高いビジネスモデルを持った業界がランキング上位に入っています。ここでの利益率とは売上高純利益率を表しており、当期純利益を売上高で割った値です。利益率ランキングの高い業界ほど再投資が見込めますので、安定した成長が期待できます。

伸び率とは平成21年から平成25年の過去5年間にかけて、前年比でどの程度業界規模が伸びたのかを表したものです。伸び率の高い業界は、ヒット商品やブーム・サービスの登場、景気・不景気など経済環境の変化による需要増、参入企業の増加、長期的な拡大市場であるなどの特徴があります。

労働者数ランキング
 
業界名
労働者数(人)
電気機器
561,626
家電
361,600
小売
267,071
4
サービス
245,755
5
機械
239,909
6
金融
225,677
7
自動車部品
211,149
8
自動車
206,811
9
半導体
202,883
10
化学
162,913
勤続年数ランキング
 
業界名
平均勤続年数(年)
電力
20.9
石油
18.8
時計
18.5
4
重電
18.2
5
二輪車・バイク
18.2
6
ガス
18.1
7
百貨店
18.1
8
電気通信工事
17.8
9
建設
17.6
10
家電
17.5
平均年収ランキング
 
業界名
平均年収(万円)
総合商社
1,286
テレビ
994
通信
966
4
ビール
913
5
携帯電話
913
6
損害保険
903
7
石油
810
8
高速道路
783
9
清涼飲料
767
10
証券
761
ワンポイントメモ

勤続年数が長い業界は安定した雇用を維持している業界と言えます。このランキングに属する企業の特徴は離職率が低い、平均年収が高い、業績が安定しているなど従業員にとって安定した労働環境が整っている傾向にあります。

平均年収が高い業界に属する企業の特徴は利益率が高い、勤続年数が長い、一人あたりの生産性が高いなどの条件を満たした業界です。このランキングに入っている業界に属した企業は利益を従業員に還元しやすい構造になっています。

注意・免責事項

当業界ランキングの業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。