ローン・消費者金融業界の状況、動向、ランキング等の調査レーポート。

業界動向サーチTOP > 消費者金融業界
消費者金融
消費者金融業界の動向、現状、シェア、営業収益、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことで消費者金融業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

消費者金融業界 基本情報(平成25-26年版)

  • 業界規模:6,586億円
  • 経常利益計:1,049億円
  • 営業収益純利益率:+15.0%
  • 過去5年の伸び率:-10.4%
  • 総資産額:4兆9,401億円
  • 労働者数:5,358人
  • 平均年齢:39.9歳
  • 平均勤続年数:10.0年
  • 平均年収:604万円
  • (平成25年7月-平成26年6月 決算)

用語・グラフの意味
業界規模は下記対象企業一覧(消費者金融業界)10社の営業収益の合計を表しています。過去5年の伸び率は過去5年間の業界規模の対前年比の平均値を表したもの、経常利益計、営業収益純利益率、総資産額、労働者数、平均年齢、平均勤続年数、平均年収は下記対象企業一覧それぞれの合計もしくは平均を表したものです。グラフは各指標を7段階に分け視覚化したものです。

近年の消費者金融業界の現状と動向

右記グラフは消費者金融業界の業界規模の推移をグラフで表したものです。

消費者金融業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

平成25-26年の消費者金融業界の業界規模(主要対象企業10社の営業収益計)は6,586億円となっています。

下げ止まり感見られるものの、過払い利息請求の動きも活発化

消費者金融業界の過去の推移を見ますと、平成18年まで横ばいを続けていましたが、平成18年以降は減少傾向に平成25年には下げ止まりに転じています。

平成18年12月貸金業規制法が設立され、出資法上の上限金利である29.2%で貸出しを行っていたローン・消費者金融会社にとって、グレーゾーンの撤廃は巨額な損失をもたらしました。

平成22年6月には改正貸金業法が全面施行。従来以上に与信の厳格化を迫られ、消費者金融業界を取り巻く環境は非常に厳しいものとなりました。こうした規制強化、経済状況の悪化などを背景に、消費者金融各社の業績は低迷しています。

平成25年に入り、ようやく下げ止まり感が見られるものの、顧客の過払い利息返還請求の動きも活発化しており、先行き不透明な状況がいまだ続いています。

再編が加速 事実上メガバンクの支配下へ

こうした流れを受け、消費者金融業界の再編も加速しました。

業界大手のプロミスは平成19年12月に三洋信販を完全子会社化、さらに平成20年8月には三菱UFJフィナンシャル・グループがアコムに対しTOBを表明。同年12月にはアコムへの出資比率を約4割に高め連結子会社としました。

平成21年4月には三井住友フィナンシャルグループがOMCカード、セントラルファイナンス、クオークの3社を合併させセディナに再編。さらに、平成22年5月にはみずほフィナンシャルグループがオリエントコーポレーションの筆頭株主となりました。

一方、過払い金返還請求の影響で収益を圧迫すると見込んだゼネラル・エレクトリック、シティーグループ系は相次ぎ業界から撤退。これによりメガバンクの影響力がさらに強くなる結果となり、メガバンクが消費者金融会社を取り囲む動きが加速しています。

消費者金融業界シェア&ランキング(平成25-26年)

消費者金融業界内における営業収益及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで消費者金融市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

消費者金融業界 営業収益&シェアランキング TOP10

  企業名 営業収益
(億円)
営業収益
シェア※
消費者金融業界 営業収益シェアグラフ
1 アコム 2,022 30.7%
2 SMBCコンシューマーファイナンス 1,948 29.6%
3 アイフル 918 13.9%
4 アプラスフィナンシャル 630 9.6%
5 Jトラスト 619 9.4%
6 全国保証 270 4.1%
7 財形住宅金融 99 1.5%
8 アサックス 55 0.8%
9 全宅住宅ローン 16 0.2%
10 中部証券金融 8.8 0.1%

消費者金融会社の営業収益ランキングを見ますと首位のアコムと2位のSMBCコンシューマーファイナンスが高いシェアを誇っています。

前年に比べ営業収益を大きく伸ばした消費者金融会社はランキング5位のJトラストで営業収益前年比+11.3%の増加、6位の全国保証で営業収益前年比+8.0%の増加、首位のアコムで営業収益前年比+4.8%の増加となっています。

その他の消費者金融業界ランキング

※シェアとは消費者金融業界規模(対象企業の10社合計)に対する各企業の営業収益が占める割合です。シェアを比較することで消費者金融市場における各企業の占有率を知ることができます。

各ランキングをクリックするとそれぞれ消費者金融会社の詳細ランキングページにジャンプします。

消費者金融業界 周辺・関連コンテンツ

消費者金融業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
消費者金融業界 対象企業一覧

アコム、SMBCコンシューマーファイナンス、アイフル、アプラスフィナンシャル、Jトラスト、全国保証、財形住宅金融、アサックス、全宅住宅ローン、中部証券金融の計10社

注意・免責事項

当消費者金融業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツは上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。