業界天気図一覧(平成25-26年版)を一覧で掲載しています。

業界動向サーチTOP業界天気図(平成25-26年版)

平成25-26年 業界天気図一覧

業界天気図一覧コンテンツです。
平成25-26年の主要業界の動向を分かりやすく天気図でまとめました。
リンク先には各業界の規模、レーダーチャート、業績推移、各種ランキングなどが掲載されています。

データ最終更新日:平成27年1月

金融関連業界天気図

銀行、証券、損保ともに堅調な推移 消費者金融は下げ止まりか

平成25年の金融業界は、銀行、証券、損害保険、クレジットカード分野で増加傾向、消費者金融分野では横ば…

メガバンクは株高を背景に堅調な推移

平成25年の決算では三菱UFJ、三井住友、みずほの大手メガバンク3行が純利益で過去最高を更新。近年の株…

業績はリーマンショック前まで回復 株高が追い風に

平成25年に入っても、引き続き株高傾向に。売買手数料が増加し、各社とも好調な業績を記録しています。…

景気回復、消費税の駆込み需要が追い風で自動車はやや回復

平成25年にはアベノミクスによる国内景気の回復、消費税増税前の駆け込み需要なども起因し、自動車が回復…

下げ止まり感見られるものの、過払い利息請求の動きも活発化

平成25年に入り、ようやく下げ止まり感が見られるものの、顧客の過払い利息返還請求の動きも活発化しており…

建設・不動産関連業界天気図

2020年東京五輪開催決定! 建設業界は4,745億円の経済効果

東京での五輪開催により、鉄道網や高速道などのインフラ整備が加速する見込み。東京都の試算によると五輪…

増税前の駆け込み需要も重なり、住宅、マンションともに好調

平成24年末には政権交代によりアベノミクスが始動。平成25年に入っても、消費増税前の駆け込み需要など特…

戸建て住宅の着工戸数4年連続増加 消費増税前の駆け込み需要も

平成26年4月の消費税増税の駆け込み需要も後押しし、住宅業界は好調な推移を見せています。ただし、平成…

エネルギー関連業界天気図

石油、石炭に代わる新エネルギー分野を模索

地球温暖化が叫ばれる昨今、国内の石油需要はますます縮小傾向に。また、いずれ枯渇するとされる石油、石…

電力自由化に向けて進む改革 2018年をメドに料金の自由化目指す

こうした状況の中、2000年3月に電力の小売りが一部自由化に。さらに2013年4月には電力システムに関する…

各社堅調な業績 平成28年には電力、ガスの全面自由化へ

平成25年に入ってもガス業界は堅調な業績を記録しています。一方、平成28年以降、電力やガスの小売が全面…

レジャー・エンタメ業界関連天気図

東京ディズニーリゾート独走続く 平成25年には過去最多の3,129万人を動員

平成25年には開業30周年イベントの効果も奏功し、過去最多の3,129万人の入園者数を記録。これに伴い、オ…

訪日外国人客が1,000万人を突破 円安も追い風に伸びる旅行業界

平成24年に入り、旅行業界の潮目が変わります。訪日外国人旅行客(インバウンド)の急増に伴い、旅行業界は…

平成25年の映画興行収入はほぼ横ばい アニメ、邦画が上位を独占

平成25の国内の映画興行収入は1,942億円(前年比-0.4%の減少)。平成25年はほぼ横ばいとなり、近年の映…

スマホ向けゲームが急成長 『パズドラ』は3,100万ダウンロード突破

近年ではスマートフォンを利用したスマホ向けゲームが急成長。アプリをダウンロードさえすれば遊べる手軽さ…

IT・通信関連業界天気図

携帯電話は増加、テレビ業界も広告収入の伸びから回復基調に

通信業界の過去の推移を見ますと、平成17年から19年までは若干の増加傾向、平成19年~23年には横ばい、…

クラウドやビッグデータなど注目の分野も

近年の動向としましては、データをインターネット上で管理するクラウドコンピューティング(クラウド)や大量のデ…

平成25年には企業のIT投資、個人向けソフトも回復基調に

国内景気や企業業績の回復を背景に、企業のIT投資も旺盛に。さらに、個人消費も回復へと向かい、個人向け…

スマホ需要は一巡 今後は自動車向け需要に期待

そこで最近注目を集めているのが、自動車向け分野です。近年の自動車はIT化が進み、今まで以上に電子部…

スマホ需要も一巡し一服感が漂う

平成25年に入り、スマートフォンの需要も一巡し、一服感が漂う状況に。今後は昨今までの爆発的な需要の伸…

拡大を続けるインターネット業界 PCからスマホへの流れも

インターネット業界は主にポータル系と通販系に分かれますが、いずれも拡大傾向にあります。また、近年では…

『パズドラ』のガンホーが急拡大 トレンドの変化が非常に速いので注意

急速な発展を遂げてきたモバイル業界ですが、ここ数年で順位の入れ替わりが激しくなっています。特に注目…

効果測定の容易さ、ターゲティングの絞り込みなど長所の多いネット広告

ネット広告が伸びている要因として、インターネットやスマホの普及に加えて、効果測定の容易さ、ターゲティン…

素材関連業界天気図

世界経済の回復に伴い、平成25年は増加に転じる

平成22年には回復したものの、化学品の世界的な需要減や石油化学分野の業績悪化の影響などを受け、平成…

建設、自動車需要の増加、円安など平成25年には好転へ

平成25年に入り、建設需要の活況、世界的な自動車需要の増加、円安などの背景により業績は回復。低迷して…

自動車、建築用、スマホ向けガラスが牽引し、回復基調へ

平成21年以降は伸び悩み傾向にありましたが、平成25年に入り、自動車、建築、スマホ向けガラスが堅調な伸…

伸び悩み続いたが、平成25年には若干の増加に

平成22年には若干の回復となりましたが、中国をはじめとした新興国の成長鈍化も伴い、その後も伸び悩み状…

電機・精密機械関連業界天気図

各社おおむね黒字化へ ようやく回復基調へ

平成25年に入り、景気や消費の回復に伴い、各社ともに業績は回復基調に。リストラや事業売却など痛みを伴…

堅調な増加傾向を持続 今後も安定成長が見込める業界

また、今後も先進国は高齢化が進み、新興国は経済の発展に伴う医療水準の向上が見込まれるため、安定的…

平成25年には回復に転じたのの、クラウドの普及によりペーパーレス化の動きに

長期的に見ても、スマートフォンやクラウドの普及によりペーパーレス化の動きに。紙を使わない複写機やプリン…

全体的には回復基調に 変動が激しい半導体業界

平成25年に入ると、世界的な景況感の回復、旺盛なスマートフォン向け需要により、一転増加に転じました。…

物流・運送関連業界天気図

宅配便の増加に伴い、業界規模も増加傾向に

また、近年ではアマゾンや楽天を中心としたインターネット通販が急成長しています。それに伴い、宅配便の取…

新造船の大量建造、燃料価格の高騰など逆風続く

現在の海運業界の不調の原因は、主に船の需給ギャップにあります。通常、船は発注から竣工まで数年かかり…

訪日外国人客の増加により回復基調に

近年の航空業界は、訪日外国人旅行者の増加や拡大するアジア経済の成長を受け、業績は回復傾向にありま…

景気回復、輸送人員の増加に伴い回復基調に

平成24年ごろから国内の景気回復、求人倍率の増加や失業者数の減少に伴い、輸送人員は増加傾向に。鉄…

自動車・バイク関連業界天気図

増税前の駆け込み需要も重なり好業績へ

各社業績を回復。続く平成25年も国内景気の回復、増税前の駆け込み需要も重なり好調な業績を記録しました…

平成25年は北米、欧州市場が牽引 順調な伸びを記録

平成25年には北米や欧州市場で堅調に推移。これに伴い自動車部品の需要も増加し、業績は回復しつつあり…

東南アジア、インドで堅調 増加傾向に

平成25年に入り、東南アジア、インドなどで需要が拡大。経済の成長に足並みをそろえるかのように、二輪車需…

伸び悩みを見せていた中古車業界 平成25年にはプラスに転じる

平成25年には、日本経済の景況感の回復、消費増税前の駆け込み需要などが追い風となり、プラスに転じてい…

機械製造関連業界天気図

建設機械、重機は増加傾向 工作機械は回復基調に

機械業界の過去の推移を見ますと、平成17年から19年までは拡大傾向にありましたが、平成19年から21年に…

震災復興需要、新興国の需要拡大で回復基調へ

近年では東日本大震災の復興による内需の拡大、海外では新興国や北米での需要拡大により業績は増加傾…

平成25年は設備投資の増加、欧州需要の増加で回復基調

平成25年には国内の設備投資の増加、欧州の航空機、産業機械向けなどの需要が旺盛で、再び増加に転じま…

生活関連業界天気図

消費回復、駆け込み需要などを背景に平成25年は好業績を記録

平成25年に入り、国内消費の回復、消費税増税前による駆け込み需要が追い風となり一転、増加傾向に。近年…

武田でもトップ10圏外 強い海外メガファーマ

ノバルティス(スイス)、ファイザー(米)、メルク(米)、ロシェ(スイス)、サノフィ(仏)、グラクソスミスクライン(英)…

スマホなどインターネット通販が伸長 消費マインドも改善へ

平成23年から25年に入り、スマートフォンやタブレットなどによるインターネット通販が伸長。業績は増加傾向に…

飲食関連業界天気図

平成25年も堅調な推移 景気動向に左右される外食業界

平成25年に入り、円高の是正、株価上昇などが後押しし、景気も徐々に回復へ。平成24年に続き、平成25年も…

食品関連業界天気図

堅調な推移を見せるが、急速な円安も進み逆風へ

原材料の占める割合が高い製油、ソーセージ、ハム、ジャム、冷凍食品、ワインなどが相次いで値上げへ。一方…

ビール、発泡酒の出荷量は年々減少 進む『ビール離れ』

国内のビール系飲料の出荷量は平成6年をピークに減少傾向が続いています。さらに、近年は消費者の節約志…

トクホなど健康志向飲料が好調 若年層を中心にエナジードリンクもヒット

近年では、消費者の健康意識の向上を背景に、お茶やミネラルウォーター、特定保健用食品(トクホ)飲料、野菜…

美容・ファッション関連業界天気図

国内化粧品業界は頭打ち状態 低価格・高機能化粧品が支持

横ばい状態が続きました。平成25年には消費マインドの改善、消費税の駆け込み需要などが追い風となり、増…

ユニクロ、しまむら共に店舗数を拡大

特に好調なのがファーストリテイリングやしまむらといったファストファッション系企業。『ユニクロ』と『ジーユー』…

流通関連業界天気図

食品など非資源分野が業績をけん引 円安も追い風に

平成25年に入り、食品や金融、機械などの非資源分野が業績をけん引。大幅な円安への加速も後押しし、前年…

平成25年は機械、鉄鋼関連が好調で若干の増加傾向に

国内経済は緩やかに回復へ。平成25年に入ると、機械、鉄鋼関連が好調に。業績もそれに伴い若干の増加傾…

消費増税前の駆け込み需要も追い風となり、全体的に堅調な推移

小売業界の過去の推移を見ますと、平成17年から平成20年にかけて増加傾向にありましたが、平成19年から…

平成24年ごろから上向きに 景気回復に伴うプラス成長

平成25年にも消費の回復、増税前の駆け込み需要の追い風もあり、前年に続きプラス成長を記録しました。…

消費マインドは回復傾向に 堅調な推移を記録

平成24年末の政権交代によるアベノミクスの影響などもあり、消費マインドは回復傾向に。平成25年には増税…

景況感の回復で堅調に推移 3強との格差が目立つかたちに

コンビニ業界の過去の推移を見ますと、平成17年から19年にかけて増加傾向。平成20年から23年にかけて横…

新規出店の拡大が業界の拡大へ 平成25年の消費税の駆け込み需要も起因

既存店の売上は伸び悩みを見せており、業界の拡大を下支えしているのが新規出店による売上増。今後は新…

消費の回復、増税前の駆け込み需要の追い風もあり、下げ止まり感

平成25年に入り、国内消費の回復、消費税増税前の駆け込み需要の追い風もあり、前年から一転して増加へ。…

景況感の回復に伴い、若干の上昇 一方、伸び率は鈍化傾向に

平成24年末の政権交代以降、国内の景気は上向き傾向にあり、景況感は回復基調に。平成26年3月には、消…

メディア関連業界天気図

平成24年ごろからわすかながら広告収入も回復基調に

テレビ局の広告収入も回復基調に。平成25年も増税前の駆け込み需要を狙った広告出稿が増えたことで、若…

インターネット広告が牽引 新聞、雑誌、ラジオは前年割れを記録

好調を維持しているのがインターネット広告。平成21年には新聞を抜き、テレビに次ぐ第2位の広告媒体に成長…

9年連続で出版販売額が減少 インターネット、スマホの普及が影響

書籍・雑誌の販売高は平成8年をピークに減少傾向。平成25年の出版販売金額は1兆6,823億円(前年比-3.9%)…

出版印刷、商業印刷ともに縮小傾向にある印刷業界

インターネットの普及や企業の広告宣伝費の縮小により、商業印刷の需要も低下しています。こうした時代の流…

サービス関連業界天気図

全業界で前年比増加を記録 介護、インターネット、旅行は拡大傾向に

サービス業界の平成25年の推移としましては、インターネット、旅行、人材派遣、介護、警備、広告、ホテルが…

平成25年も好調続く 有効求人倍率も1%超へ

国内景気も回復の兆しを見せており、雇用環境の改善も見られはじめています。平成26年9月の有効求人倍率…

堅調な伸びを見せる教育業界だが長期的には縮小傾向へ

少子化による影響で子供の数は減少傾向にあるものの、塾通いの子供の数は増加。特に中高一貫校に人気が…

高齢者人口の増加を背景に拡大 2025年には団塊の世代が後期高齢者へ

高齢者人口の増加を背景に介護業界は拡大を続けています。平成24年4月現在の要介護認定者数は548万人…

堅調な推移を続ける警備業界 家庭向け警備の需要高まる

こうした消費者が安心・安全を求めるニーズは年々高まっており、家庭向け警備サービスの需要が増加。業界全…

注意・免責事項

上記業界天気図は各業界の対象企業の業界動向を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。

関連&お役立ちリンク