介護業界のランキング、シェア、現状、動向など市場を研究。

業界動向サーチTOP > 介護業界
介護
介護業界の動向、現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことで介護業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

介護業界 基本情報(平成25-26年版)

  • 業界規模:7,503億円
  • 経常利益計:2,043億円
  • 売上高純利益率:+5.1%
  • 過去5年の伸び率:+9.9%
  • 総資産額:2兆5,798億円
  • 労働者数:51,270人
  • 平均年齢:40.4歳
  • 平均勤続年数:5.9年
  • 平均年収:454万円
  • (平成25年7月-平成26年6月 決算)

用語・グラフの意味
業界規模は下記対象企業一覧(介護業界)20社の売上高の合計を表しています。過去5年の伸び率は過去5年間の業界規模の対前年比の平均値を表したもの、経常利益計、売上高純利益率、総資産額、労働者数、平均年齢、平均勤続年数、平均年収は下記対象企業一覧それぞれの合計もしくは平均を表したものです。グラフは各指標を7段階に分け視覚化したものです。

近年の介護業界の現状と動向

右記グラフは介護業界の業界規模の推移をグラフで表したものです。

介護業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

平成25-26年の介護業界の業界規模(主要対象企業20社の売上高計)は7,503億円となっています。

高齢者人口の増加を背景に拡大 2025年には団塊の世代が後期高齢者へ

介護業界の過去の推移を見ますと、平成17年以降、年を追うごとに上昇を続けており、平成25年までの介護業界は拡大傾向にあると言えます。

高齢者人口の増加を背景に介護業界は拡大を続けています。平成24年4月現在の要介護認定者数は533万人。平成12年の218万人に比べ、12年で約2倍以上に増加しています。さらに10年後には、人口800万人を超える"団塊の世代"が後期高齢者を迎え、さらなる増加が見込まれています。

こうした高齢者人口の増加を背景に、介護業界は拡大を続け、今後もさらなる拡大が見込まれています。

事業継承、買収、異業種参入など活発化する介護業界

こうした拡大する介護業界の動向を受け、業界内では活発な動きが見られます。

平成19年、訪問介護大手のコムスンは管理義務違反や介護報酬の不正請求などの不祥事が発覚。同年6月に介護事業からの撤退を表明しました。訪問介護最大手のコムスンが撤退したのち、業界首位のニチイ学館が居住系サービス事業を継承。セントケア・ホールディング、ジャパンケアサービスグループ等が訪問介護事業を継承しました。

平成24年3月、有料老人ホーム大手のメッセージはジャパンケアサービスを買収し、子会社に。有料老人ホームのさらなる強化を進めます。

一方、異業種からの参入も目立ちます。居酒屋チェーンのワタミ、教育大手のベネッセ、オフィスコーヒーなどのユニマット、ハウスメーカーの木下工務店など異業種からの参入が相次いでいます。

介護職員の不足と賃金の改善が課題

高齢者人口の増加に伴い拡大する介護業界ですが、一方で介護職員の人材不足という課題も抱えています。

人材不足の要因の一つとして、介護職員の賃金の低さにあります。平成25年のケアマネージャーの平均年収は367万円、ホームヘルパーの平均年収は289万円。同医療系の看護師(472万円)や准看護師(399万円)に比べて低い水準にあると言えます。

今後も日本の高齢化はさらに進み、それに伴い介護業界の拡大はさらに続きます。成長する産業の中で、人材の確保は急務であり、賃金の見直しも含め、抜本的な改善が期待されるところです。

介護業界シェア&ランキング(平成25-26年)

介護業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで介護市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

介護業界 売上高&シェアランキング TOP10

  企業名 売上高
(億円)
売上高
シェア※
介護業界 売上高シェアグラフ
1 ニチイ学館 2,714 36.2%
2 ベネッセHD(シニア・介護事業) 795 10.6%
3 メッセージ 742 9.9%
4 ツクイ 574 7.7%
5 セコム(メディカルサービス事業) 538 7.2%
6 ユニマットそよ風 406 5.4%
7 ワタミ(介護事業) 350 4.7%
8 セントケア・ホールディング 314 4.2%
9 シップヘルスケアHD(ヘルスケア事業) 188 2.5%
10 ケア21 158 2.1%

介護会社の売上高ランキングを見ますと、首位のニチイ学館が高いシェアを誇っています。

前年に比べ売上高を大きく伸ばした介護会社は、ランキング10位のケア21で売上高前年比+18.8%の増加、5位のセコム(メディカルサービス事業)で売上高前年比+12.1%の増加、3位のメッセージで売上高前年比+10.4%の増加となっています。

その他の介護業界ランキング

※シェアとは介護業界規模(対象企業の20社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで介護市場における各企業の占有率を知ることができます。

各ランキングをクリックするとそれぞれ介護会社の詳細ランキングページにジャンプします。

介護業界 周辺・関連コンテンツ

介護業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
介護業界 対象企業一覧

ニチイ学館、ベネッセホールディングス、メッセージ、ツクイ、セコム、ユニマットそよ風、ワタミ、セントケア・ホールディング、シップヘルスケアホールディングス、ケア21、日本ケアサプライ、ロングライフホールディング、シダー、ウチヤマホールディングス、ケアサービス、ヒューマンホールディングス、チャーム・ケア・コーポレーション、やまねメディカル、光ハイツ・ヴェラス、N・フィールドの計20社

注意・免責事項

当介護業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツは上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。