ホームセンター業界の順位・ランキング、売上高、動向と現状等を研究分析。

業界動向サーチTOP > ホームセンター業界
ホームセンター
ホームセンター業界の動向、現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことでホームセンター業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

ホームセンター業界 基本情報(平成25-26年版)

  • 業界規模:2兆8,111億円
  • 経常利益計:1,701億円
  • 売上高純利益率:+3.4%
  • 過去5年の伸び率:+2.0%
  • 総資産額:2兆3,067億円
  • 労働者数:19,896人
  • 平均年齢:38.8歳
  • 平均勤続年数:12.1年
  • 平均年収:478万円
  • (平成25年7月-平成26年6月 決算)

用語・グラフの意味
業界規模は下記対象企業一覧(ホームセンター業界)24社の売上高の合計を表しています。過去5年の伸び率は過去5年間の業界規模の対前年比の平均値を表したもの、経常利益計、売上高純利益率、総資産額、労働者数、平均年齢、平均勤続年数、平均年収は下記対象企業一覧それぞれの合計もしくは平均を表したものです。グラフは各指標を7段階に分け視覚化したものです。

近年のホームセンター業界の現状と動向

右記グラフはホームセンター業界の業界規模の推移をグラフで表したものです。

ホームセンター業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

平成25-26年のホームセンター業界の業界規模(主要対象企業24社の売上高計)は2兆8,111億円となっています。

景況感の回復に伴い、若干の上昇 一方、伸び率は鈍化傾向に

ホームセンター業界の過去の推移を見ますと、平成17年から19年までは増加傾向。平成19年以降、若干の増加傾向にありますが、伸び率は鈍化してきています。

近年では、郊外型ショッピングモールやアウトレットモールなどの台頭により、ホームセンター市場の伸び率は鈍化。さらに近年では、既存のスーパーやディスカウントストア、ドラッグストアなども乱立。ホームセンターの出店数も急増し、市場は飽和状態にあると言えます。

平成24年末の政権交代以降、国内の景気は上向き傾向にあり、景況感は回復基調に。平成26年3月には、消費増税の駆け込み需要も追い風となり、平成25年度のホームセンターは若干の増加となりました。

規模拡大がアドバンテージに 再編や新規出店の動きにも注目

商品の差別化が難しいホームセンター業界。1,000坪を超す大型店や財務基盤が強固な企業が有利な構図になっています。今後も、企業の規模拡大がシェア拡大につながると見込まれ、新規出店や業界再編に注目が集まります。

こうした中、平成18年9月にカーマ、ダイキ、ホーマックの3社が経営統合。DCMホールディングスが誕生し、売上高で業界首位に浮上しました。

一方、家具やインテリアを展開するニトリHDは平成24~25年に国内に35店舗、海外に4店舗新規出店。未上場のカインズも今後大型店を増やす見込みです。市場全体が飽和状態にあるなか、今後もこうした再編や新規出店が活発化するものと見られ、さらなる競争の激化が予想されます。

ホームセンター業界シェア&ランキング(平成25-26年)

ホームセンター業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することでホームセンター市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

ホームセンター業界 売上高&シェアランキング TOP10

  企業名 売上高
(億円)
売上高
シェア※
ホームセンター業界 売上高シェアグラフ
1 DCMホールディングス 4,341 15.4%
2 ニトリホールディングス 3,876 13.8%
3 コメリ 3,355 11.9%
4 コーナン商事 2,737 9.7%
5 ナフコ 2,326 8.3%
6 ケーヨー 1,740 6.2%
7 島忠 1,597 5.7%
8 アークランドサカモト 992 3.5%
9 Olympicグループ 956 3.4%
10 PLANT 795 2.8%

ホームセンター業界の売上高ランキングを見ますと、首位のDCMホールディングス、ニトリHDが高いシェアを誇っています。

前年に比べ売上高を大きく伸ばしたホームセンター業界は、ランキング9位のOlympicグループで売上高前年比+17.0%の増加、2位のニトリHDで売上高前年比+11.2%の増加、3位のコメリで売上高前年比+5.1%の増加となっています。

ホームセンター業界ランキング

※シェアとはホームセンター業界規模(対象企業の24社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでホームセンター市場における各企業の占有率を知ることができます。

各ランキングをクリックするとそれぞれホームセンター業界の詳細ランキングページにジャンプします。

ホームセンター業界 周辺・関連コンテンツ

ホームセンター業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
ホームセンター業界 対象企業一覧

DCMホールディングス、ニトリホールディングス、コメリ、コーナン商事、ナフコ、ケーヨー、島忠、アークランドサカモト、Olympicグループ、PLANT、ワークマン、スーパーバリュー、大塚家具、サンデー、エンチョー、ジュンテンドー、ダイユーエイト、セキチュー、サンワドー、カンセキ、ハンズマン、リックコーポレーション、くろがねや、カッシーナ・イクスシーの計24社

注意・免責事項

当ホームセンター業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツは上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。