ホテル業界の現状、動向、ランキング、シェア等を掲載しています。

ホテル業界

HOTEL

ホテル業界の動向、現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことでホテル業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

業界規模

1兆2,609億円

(86位/123業界)

伸び率

+6.4%

(50位/123業界)

収益性

+7.0%

(23位/123業界)

平均年収

606万円

(61位/123業界)

ホテル業界の現状と動向

グラフはホテル業界の業界規模の推移をグラフで表したものです。

ホテル業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

平成27-28年のホテル業界の業界規模(主要対象企業26社の売上高の合計)は1兆2,609億円となっています。

  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年
  • 21年
  • 22年
  • 23年
  • 24年
  • 25年
  • 26年
  • 27年

ホテル業界の過去11年間の業界規模の推移

訪日外国人客の増加、国内旅行の増加、東京五輪開催など追い風続く

ホテル業界の過去の推移を見ますと、平成18年までは増加傾向にありましたが、平成18年から23年までは減少傾向。その後、平成24年から上昇に転じています。

平成20年以降、世界的な景気後退に加え、円高や原油価格の高騰などにより実体経済の悪化が顕著化しました。こうした経済動向の中、ホテル業界も厳しい局面を迎えていました。さらに東日本大震災の影響で、訪日観光客やビジネスマンが減少。これに加え、個人のレジャー消費意欲の減退、個人消費の節約志向も加わり、ホテル需要そのものが大きく落ち込みました。

平成24年に入り、東京スカイツリーや渋谷ヒカリエの開業により、東京のホテルの稼働率が回復。さらに24年末からのビザ緩和を背景にした訪日外国人観光客の増加、円安による国内旅行の好調など、近年のホテル業界には追い風が吹いています。

外資、国内ホテルが相次いで開業 空前の好景気到来か

近年、日本への訪日外国人の増加が止まりません。平成28年の訪日外国人数は2,400万人と過去最高を更新。中国、韓国、香港、台湾などアジアを中心に日本へ訪れる外国人の数が増加しています。政府は2020年の訪日外国人4,000万人の目標を掲げており、今後も訪日外国人の大幅な増加が見込まれます。

近年の大都市圏のホテル稼働率は80%付近を推移。人気ホテルではほぼ満室状態が続き、客室の平均販売価格も上昇傾向にあります。こうした動向を受け、東京都心を中心にホテルの開業ラッシュが相次いでいます。

平成24年にはザ・リッツカールトンとヒルトンが相次いで沖縄にホテルを開業。平成26年にはザ・リッツ・カールトン京都、アンダース東京が開業。さらに、平成28年には星のや東京(丸の内)、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町が開業、平成31年にはホテルオークラが本館のリニューアルオープンを予定しています

訪日外国人の増加、円安による国内旅行の増加、東京五輪の開催、カジノ法案の審議などホテル業界にとってまたとない追い風が吹いています。今後もしばらくはホテル業界の好調が続くものと見られ、新たな動向に注目が集まります。

ホテル業界シェア&ランキング

ホテル業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することでホテル市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

ホテル業界 売上高&シェアランキング

  企業名 売上高 シェア
1 西武HD 1,801 14.3
2 リゾートトラスト 1,422 11.3
3 東京急行電鉄 1,029 8.2
4 京王電鉄 697 5.5
5 ホテルオークラ 686 5.4
6 ニュー・オータニ 673 5.3
7 阪急阪神HD 673 5.3
8 藤田観光 639 5.1
9 オリエンタルランド 631 5.0
10 近鉄グループHD 619 4.9
※シェアとはホテル業界の規模(対象企業の26社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでホテル市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれホテル業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

ホテル業界 その他のランキング

ホテル業界 周辺・関連コンテンツ

ホテル業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
ホテル業界 対象企業一覧
西武HD、リゾートトラスト、東京急行電鉄、京王電鉄、ホテルオークラ、ニュー・オータニ、阪急阪神HD、藤田観光、オリエンタルランド、近鉄グループHD、三井不動産、帝国ホテル、共立メンテナンス、ロイヤルホテル、相鉄HD、三菱地所、パレスホテル、日本ビューホテル、アメイズ、京都ホテル、アゴーラ・ホスピタリティー・グループ、ホテル、ニューグランド、ホテルニューアカオ、鴨川グランドホテル、熊本ホテルキャッスル、丸ノ内ホテルの計26社
注意・免責事項
当ホテル業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツは上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。