カー用品店業界の現状、動向、ランキング、シェア等を掲載しています。

カー用品店業界

AUTOMOTIVEACCESARYSTORE

カー用品店業界の動向、現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことでカー用品店業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

業界規模

4,728億円

(107位/123業界)

伸び率

-0.6%

(120位/123業界)

収益性

2.9%

(73位/123業界)

平均年収

525万円

(98位/123業界)

カー用品店業界の現状と動向

グラフはカー用品店業界の業界規模の推移をグラフで表したものです。

カー用品店業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

平成27-28年のカー用品店業界の業界規模(主要対象企業12社の売上高の合計)は4,728億円となっています。

  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年
  • 21年
  • 22年
  • 23年
  • 24年
  • 25年
  • 26年
  • 27年

カー用品店業界の過去11年間の業界規模の推移

カーナビの単価の下落など依然として厳しい環境が続く

カー用品店業界の過去の推移を見ますと、平成17年から27年まで増減を繰り返しており、全体的には横ばいを記録しています。

カー用品業界の動向を見ますと、カー用品業界の動向は自動車業界中古車業界の動向に左右される傾向にあります。

近年では、消費者の節約志向、低価格指向など生活防衛意識の高まりから需要が伸び悩み、一人当たりのカー用品の販売単価も下落。さらに、競争環境激化によるカーナビの急激な単価下落など厳しい環境が続いています。

一方、平成24年末のごろから、国内経済は円安、株価上昇など回復の兆しをみせています。これに伴い、国内の自動車販売も回復基調に。

平成25年には消費税増税による駆け込み需要が重なり、上期の減少分を増税前の駆け込み需要で補うかたちとなりました。しかしながら、平成26年以降は増税の反動による減少も見込まれ、カー用品業界は依然として厳しい環境が続きます。

カー用品店業界シェア&ランキング

カー用品店業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することでカー用品店市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

カー用品店業界 売上高&シェアランキング

  企業名 売上高 シェア
1 オートバックスセブン 2,081 44.0
2 イエローハット 1,259 26.6
3 G-7HD 338 7.1
4 フジ・コーポレーション 275 5.8
5 アイエーグループ 211 4.5
6 ホットマン 163 3.4
7 ソフト99コーポレーション 106 2.2
8 バッファロー 86 1.8
9 ムラキ 78 1.6
10 オートウェーブ 72 1.5
※シェアとはカー用品店業界の規模(対象企業の12社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでカー用品店市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれカー用品店業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

カー用品店業界 その他のランキング

カー用品店業界 周辺・関連コンテンツ

カー用品店業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
カー用品店業界 対象企業一覧
オートバックスセブン、イエローハット、G-7HD、フジ・コーポレーション、アイエーグループ、ホットマン、ソフト99コーポレーション、バッファロー、ムラキ、オートウェーブ、KeePer技研、ウェッズの計12社
注意・免責事項
当カー用品店業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツは上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。