労働者数ランキングを掲載。120以上の業界からトップ50を一覧で掲載しています。

業界別 労働者数ランキング

平成27-28年の業界別 労働者数ランキングを掲載。120以上の業界から労働者数の多い業界トップ50をランキング形式でまとめました。ランキングを見ることで各業界の特徴を体系的に把握することができます。
  業界名 労働者数
1 電気機器 548,242
2 家電 356,152
3 サービス 273,542
4 小売 256,296
5 機械 239,123
6 金融 238,944
7 情報・通信 219,409
8 自動車 211,974
9 自動車部品 206,671
10 半導体 193,902
11 化学 165,540
12 銀行 161,161
13 卸売 157,628
14 鉄道 144,787
15 住宅設備 124,473
16 重電 123,561
17 電力 120,381
18 IT 114,491
19 建設 103,100
20 食品 99,625
21 専門商社 95,744
22 運送 92,495
23 製薬 81,075
24 OA機器 80,644
25 電子部品 76,274
26 鉄鋼 74,468
27 介護 71,961
28 建設機械 70,662
29 二輪車・バイク 63,682
30 電気通信工事 60,265
31 工作機械 59,208
32 金属製品 56,193
33 造船重機 55,686
34 飲食 55,215
35 住宅 53,309
36 スーパー 51,981
37 不動産 49,994
38 精密機器 47,203
39 非鉄金属 45,788
40 レジャー施設 44,309
41 ゴム・タイヤ 40,981
42 アパレル 39,113
43 家電量販店 38,290
44 土石製品 37,495
45 医療機器 37,004
46 印刷 34,279
47 警備 33,428
48 百貨店 32,186
49 通信 30,987
50 人材派遣 30,890
ここでの労働者数は各業界の主要企業の従業員数の合計を表したものです。労働者数が多い業界は、規模が大きい、総資産額が大きいなどの特徴があり、いずれも日本を代表する産業と言えます。

業界ランキング 一覧

注意・免責事項
労働者数ランキングは各業界の合計または平均を表したものです。各業界の詳細については、リンク先ページをご覧下さい。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。あらかじめご了承下さい。