業界別 労働者数ランキング。100以上の業界からトップ50を一覧で掲載しています。

業界動向サーチTOP業界ランキング > 労働者数ランキング

業界別 労働者数ランキング 1-50位 (平成25-26年版)

平成25-26年の業界別 労働者数ランキングを掲載。
100以上の業界から労働者数の多い業界トップ50をランキング形式でまとめました。
ランキングを見ることで各業界の特色を体系的に把握することができます。

順位
業界名
労働者数(人)
電気機器
561,626
家電
361,600
小売
267,071
4
サービス
245,755
5
機械
239,909
6
金融
225,677
7
自動車部品
211,149
8
自動車
206,811
9
半導体
202,883
10
化学
162,913
11
卸売
159,566
12
鉄道
156,326
13
銀行
150,018
14
住宅設備
125,851
15
電力
124,174
16
IT
119,378
17
重電
117,527
18
建設
109,423
19
食品
101,665
20
専門商社
97,489
21
運送
94,427
22
電子部品
85,763
23
製薬
83,642
24
鉄鋼
70,331
25
建設機械
68,883
26
二輪車・バイク
63,479
27
スーパー
62,588
28
工作機械
60,122
29
電気通信工事
59,534
30
OA機器
58,800
31
造船重機
57,692
32
金属製品
56,547
33
介護
51,270
34
住宅
50,153
35
飲食
48,529
36
不動産
45,886
37
非鉄金属
45,027
38
ゴム・タイヤ
41,644
39
レジャー施設
41,460
40
精密機器
40,252
41
家電量販店
39,844
42
土石製品
37,951
43
アパレル
35,663
44
印刷
34,832
45
通信
34,589
46
百貨店
33,847
47
警備
33,804
48
繊維
32,143
49
医療機器
31,181
50
総合商社
28,499
ワンポイントメモ

ここでの労働者数は各業界の主要企業の従業員数の合計を表したものです。労働者数が多い業界は、規模が大きい、総資産額が大きいなどの特徴があり、いずれも日本を代表する産業と言えます。

その他のランキングを見る

労働者数ランキング以外のその他のランキングはこちらです。
気になるランキングの最新情報をご覧ください。

注意・免責事項

上記労働者数ランキングは各業界の対象企業のデータの合計または平均を表したものです。各業界の掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。