日産フィナンシャルサービス

日産フィナンシャルサービスの業績

営業収益ランキング

8位/9(クレジットカード)

利益率ランキング

1位/9(クレジットカード)

年収ランキング

4位/9(クレジットカード)

2022年3月決算

業績データ
  • 営業収益(億円)
  • 527
  • 経常利益(億円)
  • 407
  • 純利益(億円)
  • 282
  • 利益率(%)
  • 53.5
  • 純資産(億円)
  • 1,142
  • 総資産(億円)
  • 11,085
  • 自己資本比率(%)
  • 10.3
  • PER(倍)
  • -
従業員データ
  • 従業員数(人)
  • 716
  • 平均年齢(歳)
  • 47.3
  • 勤続年数(年)
  • 16.0
  • 平均年収(万円)
  • 657

日産フィナンシャルサービスの業績は2022年3月の決算です。数値の横の矢印は対前年比の増減をあらわしています。利益率は営業収益純利益率、PERは日産フィナンシャルサービスの決算時の値です。ランキングは日産フィナンシャルサービスが主に属しているクレジットカード業界の営業収益、利益率、平均年収のランキングです。

日産フィナンシャルサービスの営業収益、利益などの推移

営業収益と経常利益

営業収益の推移(億円)
2017 506
2018 541
2019 555
2020 524
2021 527
2017 2018 2019 2020 2021
営業収益 506 541 555 524 527
経常利益の推移(億円)
2017 310
2018 335
2019 345
2020 322
2021 407
2017 2018 2019 2020 2021
経常利益 310 335 345 322 407

2021年(2022年3月決算)の日産フィナンシャルサービスの営業収益は前年比+0.6%の527億円、経常利益は前年比+26.4%の407億円でした。

純利益と利益率

純利益の推移(億円)
2017 212
2018 232
2019 239
2020 224
2021 282
2017 2018 2019 2020 2021
純利益 212 232 239 224 282
利益率の推移(%)
41.9
42.9
43.1
42.7
53.5
2017 2018 2019 2020 2021
利益率 41.9 42.9 43.1 42.7 53.5

2021年(2022年3月決算)の日産フィナンシャルサービスの純利益は前年比+25.9%の282億円、営業収益純利益率は前年比+25.2%の53.5%でした。

自己資本比率と総資産

自己資本比率の推移(%)
11.3
19.6
9.4
10.2
10.3
2017 2018 2019 2020 2021
自己資本比率 11.3 19.6 9.4 10.2 10.3
総資産の推移(億円)
2016 11241
2017 12654
2018 12163
2019 10969
2020 11085
2017 2018 2019 2020 2021
総資産 11,241 12,654 12,163 10,969 11,085

2021年(2022年3月決算)の日産フィナンシャルサービスの自己資本比率は前年比+1.0%の10.3%、総資産は前年比+1.1%の11,085億円でした。

日産フィナンシャルサービスの従業員数と年収の推移

従業員数と年収推移

従業員数の推移(人)
2017 669
2018 692
2019 719
2020 711
2021 716
2017 2018 2019 2020 2021
従業員数 669 692 719 711 716
平均年収の推移(万円)
2017 695
2018 685
2019 676
2020 651
2021 657
2017 2018 2019 2020 2021
平均年収 695 685 676 651 657

2021年(2022年3月決算)の日産フィナンシャルサービスの従業員数は前年比+0.7%の716人、平均年収は前年比+0.9%の657万円でした。

クレジットカード 業績ランキング

データは2021-2022年。日産フィナンシャルサービスが属するクレジットカード業界の営業収益、利益率、平均年収のランキングです。リンク先には各ランキングの詳細がご覧いただけます。

注意・免責事項:当日産フィナンシャルサービスの営業収益や利益率、平均年収などの業績コンテンツは有価証券報告書や公表資料に基づき掲載しています。情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書や公表資料をご確認ください。