海運業界 自己資本比率ランキング

海運業界の自己資本比率ランキング一覧を掲載。自己資本比率の高い企業をランキング形式でまとめました。自己資本比率はじめ、ランキングにおけるシェア、前年比の増減なども分かりやすくビジュアル化しています。海運業界内の勢力把握や各企業の優位性などをご確認下さい。データは2021年-2022年の最新版です。

海運業界 自己資本比率ランキング(2021-2022年)

順位 企業名 自己資本比率(%)
1 東京汽船 69.8
2 川崎近海汽船 60.3
3 川崎汽船 56.2
4 日本郵船 55.6
5 商船三井 47.4
6 玉井商船 47.1
7 乾汽船 45.2
8 NSユナイテッド海運 43.0
9 東海運 43.0
10 飯野海運 36.9

海運業界 自己資本比率ランキング11位以下(2021-2022年)

順位 企業名 自己資本比率(%)
11 栗林商船 29.1
12 共栄タンカー 20.6
13 東海汽船 19.8
14 新日本海フェリー 11.7
15 明治海運 10.1
17 佐渡汽船 -22.4
- ENEOSオーシャン -

※シェアとは海運業界全体に対する各企業の自己資本比率が占める割合です。シェアを比較することで海運市場における各企業の占有率を知ることができます。矢印は対前年比の増減を表しています。下記のランキングをクリックするとそれぞれ海運業界の詳細ランキングページにジャンプします。

海運業界 その他のランキング(2021-2022年)

注意・免責事項

当海運業界の自己資本比率ランキング(2021-2022年)は上記企業の有価証券報告書または公開資料に基づき掲載しております。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書または公開資料にてご確認ください。