レジャー施設業界の売上高ランキング(2018年-2019年)

レジャー施設業界

LEISUREFACILITIES

レジャー施設業界の売上高ランキング一覧を掲載。売上高の高い企業をランキング形式でまとめました。売上高はじめ、ランキングにおけるシェアもグラフで表示してあります。2018年-2019年の最新版をご覧ください。

レジャー施設業界 売上高ランキング(2018 - 2019年)

  企業名 売上高(億円)
1 オリエンタルランド (※) 4,374
2 西武HD (※) 2,110
3 東急不動産HD (※) 1,232
4 阪急阪神HD (※) 1,178
5 ラウンドワン 1,013
6 東京急行電鉄 (※) 991
7 東武鉄道 (※) 762
8 京王電鉄 (※) 761
9 イオンファンタジー 742
10 東京ドーム (※) 674
11 第一興商 (※) 637
12 AOKIホールディングス (※) 541
13 名古屋鉄道 (※) 520
14 エイチ・アイ・エス (※) 418
15 コシダカHD (※) 319
16 東急レクリエーション 316
17 京阪HD (※) 301
18 富士急行 (※) 261
19 東京都競馬 227
20 よみうりランド 219
21 リソルHD 209
22 極楽湯HD 159
23 明治座 139
24 常磐興産 (※) 124
25 カプコン (※) 110
  企業名 売上高(億円)
26 セガサミーHD (※) 105
27 サンリオ (※) 90
28 遠州鉄道 (※) 82
29 ランシステム 82
30 グリーンランドリゾート 78
31 共和コーポレーション 76
32 ウチヤマHD (※) 73
33 鉄人化計画 73
34 SDエンターテイメント 70
35 アジアゲートHD 67
36 日本スキー場開発 64
37 藤田観光 (※) 57
38 横浜スタジアム 54
39 御園座 50
40 名古屋競馬 43
41 歌舞伎座 38
42 伊豆シャボテンリゾート 32
43 朝日観光 19
44 コーエーテクモHD (※) 15
45 北陸観光開発 13
46 花月園観光 8.0
※オリエンタルランド、サンリオはテーマパーク事業、西武HDはホテル・レジャー事業、東急不動産HDはウェルネス事業、東京急行電鉄はホテル・リゾート事業、東武鉄道はレジャー事業、京王電鉄、名古屋鉄道、京阪HD、富士急行、遠州鉄道はレジャー・サービス業、東京ドームは東京ドームシティ事業、第一興商はカラオケ・飲食店舗事業、AOKIホールディングスはカラオケルーム+複合カフェ事業、エイチ・アイ・エスはハウステンボス事業、コシダカHD、ウチヤマHDはカラオケ事業、常磐興産は観光事業、カプコン、コーエーテクモHDはアミューズメント施設運営事業、セガサミーHDはリゾート事業、共和コーポレーションはアミューズメント施設運営事業、藤田観光はリゾート事業の売上高です。シェアとはレジャー施設業界全体に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでレジャー施設市場における各企業の売上高の占有率を知ることができます。下記のランキングをクリックするとそれぞれレジャー施設業界の詳細ランキングページにジャンプします。

レジャー施設業界 その他のランキング(2018-2019年)

注意・免責事項
当レジャー施設業界の売上高ランキング(2018-2019年)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。