アパレル業界について-就職マニュアル

アパレル業界

APPAREL

アパレル業界に何となく興味は持っているものの業界の事は詳しく知らない。仕事内容は?職種は?志望動機は特にないけど大丈夫?などアパレル業界の就職や転職に役立つノウハウをまとめました。

アパレル業界について

アパレル業界と属する企業について

アパレル業界では主にアパレルメーカー、ショップ販売、SPA(製造小売り)の三業態に分けられる。

アパレル業界とは衣料品のデザイン、製造、販売、物流などに携わる産業のことを指します。

アパレル業界に属する企業は主にデザインや製造を手掛けるアパレルメーカー、商品の販売を手掛けるショップ販売に分けられます。また、近年ではユニクロのように企画、デザイン、製造、販売までを一貫して手掛けるSPA(製造小売業)を行うアパレル企業も増えてきています。

近年のアパレル業界の特徴と就職について

近年ではSPAによる最新の流行を取り入れながら低価格に抑えた衣料品を短いサイクルで生産・販売するスタイル(ファストファッション)が浸透しつつあり、ギャップ、H&M、ユニクロ、ザラ(インディテックス)など世界上位のアパレル企業ではファストファッションが主流となりつつあります。

アパレル業界に就職するには大まかにデザイン、製造を手掛けるメーカー系の企業に就職するか、販売系の企業に就職するかに分けられます。洋服の企画やデザイン、マーケティングなどに興味がある方メーカー系を、お客さんを通じて洋服を販売したい方は販売系を選択すると良いでしょう。

ただし、近年ではSPAなど製造から販売まで一貫して行う企業も増えてきているため、どういった仕事がしたいか具体的に決まっていない方は、SPA系の企業に勤め、自分に適した職種を模索するのも一つの手と言えます。

関連リンク

注意・免責事項
当アパレル業界の就職情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず事実関係をご確認ください。