化学業界の志望動機のヒントについて-就職マニュアル

化学業界

CHEMISTRY

化学業界の志望動機のヒントについて解説しています。

化学業界の志望動機について

化学業界の志望動機のヒント

志望動機は必ずと言って良いほど面接で聞かれるがこれといった正解はない。あなたオリジナルの骨太な志望動機を作ろう。

就職活動をする学生の方に非常に多い悩みが「志望動機が特にない」、「明確な志望動機が思いつかない」といったことです。こうした悩みを持った学生さんは多く、多くの学生さんは志望動機の作成に頭を悩ませています。

一方で、履歴書や面接の質問には必ずと言っていいほど志望動機が聞かれます。「なぜこの会社に入りたいのか」、「なぜこの仕事をしたいのか」、「なぜこの業界を選んだのか」などです。

本記事では履歴書や面接で必ずといっていいほど聞かれる志望動機のうち、化学業界特有の志望動機についてヒントを解説します。

ただし、はじめに断っておきますが志望動機にこれといった正解はありません。志望動機は人それぞれですし、ここで掲載されていることをそのまま真似したとしても面接官は必ず見抜きます。あくまで一つのヒントとして活用し、自分のオリジナルな志望動機を作ってみて下さい。

ヒント1.化学業界に何を貢献できるかを考える

企業は人を求めています。企業の面接担当者は「この人が当社に何を貢献してくれるのか」を見ています。あなたが何を貢献できるかはあなた自身が一番分かっています。あなたの持っているスキルや特技、人柄など些細なことでも結構ですので、何を化学業界に貢献できるか、あなたが貢献できることから志望動機を考えてみましょう。

ヒント2.過去の経験から探る

あなたの過去の経験から志望動機を探ります。経験といっても化学業界に直結する経験でなくて結構です。アルバイトや留学、クラブ活動など何でも結構です。あなたが過去に一生懸命に取り組んだことの中から何を学んだのか、そしてその学んだことをいかに化学業界に貢献できるかを述べます。

ヒント3.大学・大学院の専攻から探る

化学業界の研究職に就職する場合は一般的に大学や大学院での化学専攻が基準となります。あなたが大学や大学院で学んだことをいかにその企業に生かせるかを考えます。専攻した分野で興味を持った点、なぜその分野を専攻したのか、専攻した分野の研究をいかに社会に貢献できるかなどを考えてみましょう。

関連リンク

注意・免責事項
当化学業界の就職情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず事実関係をご確認ください。