建設業界の職種と仕事内容について-就職マニュアル

建設業界

CONSTRUCTION

建設業界の主な職種とその仕事内容について解説しています。就職や転職にお役立て下さい。

建設業界の職種と仕事と内容

建設業界特有の職種と仕事内容

ここでは建設業界によく見られる特有の職種とその仕事内容について解説しています。職種は企業の各部門の役割を実行するものです。職種を知ることで建設業界の仕事内容や企業の仕組みを理解することができます。

施工担当で最も重要なのは現場の安全

施工・設計(建設施工、設備施工、土木施工、設計)

施工は工事現場の担当者としてスケジュール管理から現場の安全、品質、コスト、工期などをマネジメントします。また、発注者や現場作業員への対応も重要な仕事となります。設計は主に意匠設計、構造設計、設備設計に分かれ、ビルや商業施設、住宅、マンション、土木、橋梁、スポーツ施設、公共施設など様々な建設物の設計を行います。

営業(営業)

ビルや商業施設、住宅、マンション、土木、橋梁など建設物受注に関するあらゆる営業活動を行います。

その他 業界共通の職種と仕事内容

ここでは建設業界にかぎらず企業経営に欠かせない業界共通の職種と、その仕事内容について解説しています。この部門の職種は企業経営の正常化や業務の効率化などバックエンド的な役割を担います。
経営企画

経営戦略や事業戦略の企画・立案・遂行、経営資源の最適配分などを手掛けます。企業経営の中枢部にあたります。

人事

人事の採用計画及び新卒・中卒者の採用、人事制度の策定・実行、人事評価、人材の育成などを手掛けます。

総務

庶務、法務、経営管理など一般事務を手掛けます。

経理財務

企業の経理業務、資金調達や投資など財務業務を手掛けます。

※共通職種に記載された仕事内容はあくまで一例で明確な定義はありません。実際には総務部が人事部の業務を行ったり、人事、総務、経理が同一の部署であったりするなど職種と仕事内容が混在しているケースがほとんどです。また、経理財務や法務などは外部にアウトソーシングしている企業もあります。

関連リンク

注意・免責事項
当建設業界の就職情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず事実関係をご確認ください。