2020-2021年の技術者派遣業界の動向やランキングを分析

技術者派遣業界

DISPATCH ENGINEERS

2020-2021年の技術者派遣業界の動向や現状、ランキングなどを分析しています。技術者派遣業界の過去の業界規模の推移をはじめ、技術者派遣大手4社の売上高推移、2020-2021年のコロナの影響とIT人材不足に向けた各社の取り組みなどをご紹介しています。ビジネスや投資、就職や転職などの参考資料としてご活用下さい。

業界規模

0.7兆円

成長率

+9.8%

利益率

+4.9%

平均年収

510万円

※矢印は前年比の増減、成長率は直近3年間の平均。平均年収は上場企業の平均ですので、実態よりも高めに出る傾向があります。

目次

技術者派遣業界の現状と動向(2021年版)

グラフは技術者派遣業界の業界規模(対象企業の17計)の推移をグラフで表したものです。

技術者派遣業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2020年-2021年の技術者派遣業界の業界規模(主要対象企業17社の売上高の合計)は7,143億円となっています。

  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年

技術者派遣業界の過去6年間の業界規模の推移

2020年の技術者派遣はデジタルが好調 DXが追い風に

技術者派遣業界の過去の業界規模の推移を見ますと、2015年から2020年まで増加傾向にあります。

続いて、企業ごとの動向について解説します。以下のグラフは、技術者派遣大手4社の売上高の推移を示しています。

技術者派遣大手4社の売上高の推移(出所:各社有価証券報告書、グラフは業界動向サーチが作成)

技術者派遣大手4社のグラフを見ますと、2015年から2020年にかけておおむね増加傾向にあります。なかでも、近年はアウトソーシングの成長が著しく、2018年にはメイテックを抜き2位に浮上しています。全体的に増加傾向にある技術者派遣業界ですが、2020年には伸び率が鈍化していることも分かります。

2020年の技術者派遣業界は新型コロナウイルスの影響を受け、企業によって明暗が分かれました。夜間の外出自粛によって残業時間が削減し、一部企業で減収となりました。一方、建築や化学、医薬分野の他、リモートワークを支えるシステム化など、ITやDX関連事業で底堅い需要がありました。

技術者派遣とは、高い専門技術や知識を有する人材を企業に派遣します。主に機械や電気、電子系、IT、建設、医療・医薬品分野があります。

技術者派遣業界 売上高ランキング

2020年の技術者派遣業界の売上高ランキングを見ますと、首位がテクノオプロ・HD、2位がアウトソーシング、3位がメイテック、夢真ビーネックスグループ、WDB HDと続きます。首位のテクノプロ・HDは、国内最大規模の技術者人材を基盤に、幅広い知識を有するエンジニアや研究者の派遣を行っています。

2020年の技術者派遣業界の業績は、テクノプロ・HDが前年比1.8%増の1,613億円、アウトソーシングが同6.0%増の1,433億円、メイテックが4.3%減の966億円でした。近年は2位のアウトソーシングが追い上げており、トップとの差は約180億円と僅差です。

今後はIT人材の不足が顕著に IT向け技術者の確保・育成を強化

経済産業省の調査によると、2030年にはIT人材不足が約79万人にも及ぶと試算しています。こうした市況から、技術者派遣企業ではIT分野を強化しています。

国内最大級の技術系人材サービスのテクノプロ・HDは、国内2,200社以上へ技術者派遣サービスを提供しています。グループ全体の技術者は約半数がIT技術者(2021年6月現在)で占められており、IT分野の需要の高さが伺えます。

テクノプロの技術者の成長を促す研修環境

テクノプロの技術者の成長を促す研修環境

テクノプロは教育研修に注力しており、最先端技術を有する企業と連携して人材育成を行っています。また、2020年3月には、AI学習支援企業「アイデミー」に出資し、AI+αのマルチスキル人材の育成を加速させています。

M&Aで規模を拡大しているアウトソーシングでは、エンジニアの人材育成を成長戦略の一つにしています。また、新卒や中途採用、外国籍など、あらゆる層で技術者採用に取り組んでいます。今後はIT技術者を現在(2020年)の4,600人から、2024年には2倍以上の10,500人を計画しています。

夢真ビーネックスグループでも、IT分野の拡大成長を重要戦略としています。即戦力としてニーズが高い資格取得を目的とした研修や、経験者を数年で即戦力として活用できる人材育成環境を整えています。

2020年の技術者派遣業界は、コロナの流行を契機にデジタル分野の需要が増えました。今後もDXなどの普及により、IT人材の市場規模は拡大することが見込まれています。大きなビジネスチャンスが到来している中、こうした好機をうまく捉え今後の業績拡大につなげたいところです。

技術者派遣業界シェア&ランキング(2021年版)

技術者派遣業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで技術者派遣市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

技術者派遣業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 テクノプロ・HD 1,613 22.6
2 アウトソーシング 1,433 20.1
3 メイテック 966 13.5
4 夢真ビーネックスグループ 951 13.3
5 WDBホールディングス 390 5.5
6 VSN 359 5.0
7 アルプス技研 357 5.0
8 フォーラムエンジニアリング 277 3.9
9 ウイルテック 208 2.9
10 UTグループ 162 2.3
※アウトソーシングは国内技術系+海外技術系事業、WDBホールディングスは人材サービス事業、ウイルテックはマニュファクチャリング+コンストラクションサポート事業、UTグループはエンジニアリング事業の売上高です。シェアとは技術者派遣業界の規模(対象企業の17社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで技術者派遣市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ技術者派遣業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

技術者派遣業界 その他のランキング

技術者派遣の関連業界

技術者派遣業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
技術者派遣業界 対象企業一覧
テクノプロ・HD、アウトソーシング、メイテック、夢真ビーネックスグループ、WDBホールディングス、VSN、アルプス技研、フォーラムエンジニアリング、ウイルテック、UTグループ、コプロ・HD、エスユーエス、アルトナー、ヒップ、エクストリーム、ジェイテック、平山HDの計17社
注意・免責事項
技術者派遣業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2021年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。技術者派遣業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。