電子部品業界の動向や現状、ランキングなどを解説

トランジスタやコイル、コンデンサなどの電子部品

電子部品業界の動向や現状、ランキングなどを研究しています。電子部品業界の過去の業界規模の推移をはじめ、日本の電子部品の生産金額の推移グラフ、電子部品を取り巻く今後などについて解説しています。

電子部品業界(2021-2022年)

電子部品業界の推移と基本情報

業界規模

14.9兆円

成長率

6.0

利益率

9.4

平均年収

748万円

  • 11年
  • 12年
  • 13年
  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年
  • 21年

電子部品業界の過去の業界規模の推移を見ますと、直近の2020年までは横ばいで推移していましたが、2021年には増加に転じています。

電子部品業界の動向と現状(2021-2022年)

堅調な推移を見せる電子部品業界 EVとデジタル化で部品数増加

経済産業省の生産動態統計(2022年6月公表)によると、2021年の電子部品の生産金額は前年比18.9%増の2兆8,338億円でした。

電子部品の生産金額の推移

電子部品の生産金額の推移(出所:経済産業省、グラフは業界動向サーチが作成)

グラフを見ますと、電子部品の生産金額は2019年までは2兆円台前半を横ばいで推移していました。一方、2020年から2021年は増加に転じ、2兆8千億円まで伸長しています。

2021-2022年の電子部品業界は、新型コロナウイルスによる感染再拡大の影響を受けつつも、電子部品の需要は好調に推移した年でした。自動車関連においては、部品や半導体不足による自動車減産の影響はありましたが、車載モーターやコンデンサーなどの受動部品、センサなどの需要が拡大しました。

その他、家電用のモーターやコンプレッサ、産業機器関連、5Gやデータセンター向けなどの電子部品の需要も堅調に推移しました。

近年の電子部品業界は、スマホ需要に一服感がみられるものの、通信基地局やデータセンターの通信部品需要、IoTや自動車関連向けセンサーや小型電池需要、工場のオートメーション化に伴う需要など、通信技術の発展に伴う電子部品需要が増加しています。

2020年には新型コロナウイルスが世界的に拡大したことで、生産停止が相次ぎましたが、新型コロナを機にテレワークが普及、5Gやクラウド、ICTなど通信やデジタル需要が一段と高まっています。また、脱炭素の影響から自動車のEV化も進み、電子部品の搭載数も増加傾向にあります。

電子部品業界 売上トップ5(2021-2022年)

順位 企業名 売上高(億円)
1 日本電産 19,181
2 TDK 19,021
3 京セラ 18,389
4 村田製作所 18,125
5 ミネベアミツミ 11,241

2021年の電子部品業界の売上高ランキングを見ますと、上位5社が揃って1兆円越え、うち4社が2兆円目前です。首位の日本電産は2021年に工作機械事業に参入し、2023年3月期では初の2兆円を目指します。

2021-2022年の電子部品メーカー大手5社の業績は、5社揃って過去最高売上高を記録しました。また主要メーカー28社中25社が前年比2ケタ増を記録、こうしたことからも2021年の電子部品業界が好調であったことがわかります。

IoT、5G、自動運転など次世代通信需要が拡大 新たな追い風に

地球儀と新しい産業

近年、業界をけん引してきたスマホ需要ですが、世界的な需要の一服感が見られ、伸び率は鈍化傾向に、収益性も低下傾向にあります。

一方で、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT、5G関連の基地局やデータセンター、工場のオートメーション化、自動運転関連など今まで以上に電子部品のニーズが増えてきています。今後もこうした次世代通信の需要はさらに拡大するものとみられ、電子部品業界に大きな追い風となっています。

また、自動車向け電子部品はスマホ向け部品に比べ、高い利益率が見込まれます。自動運転車の普及や東南アジアをはじめとした新興国の自動車普及はこれから本格期を迎え、今後も高い需要が見込まれます。

電子部品業界 ランキング&シェア

電子部品業界の売上高ランキング&シェアをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収などをランキング形式でまとめました。各種ランキングを比較することで電子部品市場のシェアや現状、動向を知ることができます。

電子部品業界 売上高&シェアランキング(2021年-2022年)

順位 企業名 売上高(億円)
1 日本電産 19,181
2 TDK 19,021
3 京セラ 18,389
4 村田製作所 18,125
5 ミネベアミツミ 11,241
6 日東電工 8,534
7 アルプスアルパイン 8,028
8 オムロン 7,629
9 キーエンス 7,551
10 ローム 4,521

※シェアとは電子部品業界全体に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで電子部品市場における各企業の占有率を知ることができます。矢印は対前年比の増減を表しています。下記のランキングをクリックするとそれぞれ電子部品業界の詳細ランキングページにジャンプします。

その他のランキング

関連リンク

電子部品業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。関連業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。

電子部品業界 対象企業一覧

村田製作所、日本電産、京セラ、TDK、ミネベアミツミ、日東電工、アルプスアルパイン、オムロン、キーエンス、ローム、イビデン、太陽誘電、ホシデン、日本航空電子工業、新光電気工業、サンケン電気、ヒロセ電機、メイコー、マブチモーター、ニチコン、日本ケミコン、スミダコーポレーション、日本シイエムケイ、SMK、日本電波工業、イリソ電子工業、大真空、本多通信工業の計28社

注意・免責事項

電子部品業界の動向や現状、ランキング、シェア等のコンテンツ(2021-2022年)は上記企業の有価証券報告書または公開資料に基づき掲載しております。電子部品業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書や公開資料にてご確認ください。