2021年のショッピングセンター業界の動向や現状、ランキングなどを解説しています。

ショッピングセンター業界

SHOPPING CENTER

2021年のショッピング業界の動向や現状、ランキング、今後の見通しなどを解説しています。ショッピングセンター業界の市場規模や売上高の推移、現在までの変遷や今後の動向、各社の海外出店の一覧などを掲載しています。ビジネスや投資、就職や転職の一情報としてお役立て下さい。

業界規模

1.0兆円

伸び率

-3.0%

利益率

-0.3%

平均年収

554万円

目次

ショッピングセンター業界の現状と動向(2021年版)

グラフはショッピングセンター業界の業界規模(対象企業の13計)の推移をグラフで表したものです。

ショッピングセンター業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2020年-2021年のショッピングセンター業界の業界規模(主要対象企業13社の売上高の合計)は1兆0,162億円となっています。

  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年

ショッピングセンター業界の過去7年間の業界規模の推移

2020年は新型コロナウイルスが直撃 減少トレンドに

ショッピングセンター業界の過去の業界規模の推移を見ますと、2017年に減少を記録し、2018年から2019年は横ばいで推移してきましたが、2020年には再び減少に転じています。

主なショッピングセンターの売上高の推移(出所:三井不動産公表資料、グラフは業界動向サーチが作成)

上のグラフは三井不動産が所有する主なショッピングセンター(SC)の上位5店舗の売上高の推移です。いずれの店舗も直近3年は、ほぼ横ばいで推移しているのが分かります。2020年の各SCの売上高はまだ公表されていませんが、新型コロナウイルスの影響が響き、それぞれ大幅な減少が見込まれています。

国内のショッピングセンターは、「丸井」や「ルミネ」や「アトレ」といった都市型SCの開発から始まりました。大都市の駅前にある都市型SCは集客力、利便性ともに優れており、日本の経済発展とともに売上も好調に伸びていきました。

2010年から2020年にかけてイオンや三井不動産や三菱地所などが、郊外に大型ショッピングセンターやアウトレットを次々と開発していきました。郊外型SCは数万㎡、200店舗~400店舗という圧倒的なスケールが売りで、車を持っているファミリー層や20~30代のミレニアム層を取り込むことができました。

このように都市、郊外ともに拡大を続けてきたショッピングセンター業界ですが、近年は新規出店の余地が限られており、業績は頭打ちとなっています。

海外市場に軸足をシフト 中国、アジア、台湾に注力

こうした国内の動向を受け、SC大手は海外へと軸足をシフトしています。

2020年以降に新規開業するショッピングセンター

2020年以降に新規開業する主なSC、青は海外(出所:各社公表資料、表は業界動向サーチが作成)

上の表は2020年以降に新規開業する主なショッピングセンターの一覧です(青色は海外)。業界最大手のイオンモールは成長戦略として今後、中国やベトナム、ミャンマーに注力しています。2025年までに海外70モール体制を目指しています(2020年現在、33店舗)。

三井不動産も2021年から2025年にかけて、マレーシアや台湾に『ららぽーと』や『三井アウトレットパーク』を展開予定です。とくに台湾への出店が多く、三井不動産は台湾を重要市場と見ているのが分かります。

各社の出店状況を見ていますと、2020年ごろから明確に軸足を海外へとシフトしました。とくに成長著しいアジアへの出店が目立ちます。国内は増床やリニューアルで安定的に収益を確保し、海外を第二の成長エンジンと位置づけているのが読み取れます。

ショッピングセンター業界シェア&ランキング(2021年版)

ショッピングセンター業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することでショッピングセンター市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

ショッピングセンター業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 イオンモール 2,806 27.6
2 三井不動産 2,088 20.5
3 パルコ 1,122 11.0
4 丸井グループ 855 8.4
5 ルミネ 743 7.3
6 アトレ 473 4.7
7 JR西日本 454 4.5
8 東神開発 446 4.4
9 三菱地所 400 3.9
10 東急不動産HD 376 3.7
※三井不動産は商業施設事業、丸井グループは小売事業、JR西日本はショッピングセンター事業、三菱地所はアウトレットモール事業、東急不動産HDは商業施設賃貸事業の売上高です。パルコ、ルミネ、アトレ、東神開発は2019年の売上高です。シェアとはショッピングセンター業界の規模(対象企業の13社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでショッピングセンター市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれショッピングセンター業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

ショッピングセンター業界 その他のランキング

ショッピングセンターの関連業界

ショッピングセンター業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
ショッピングセンター業界 対象企業一覧
イオンモール、三井不動産、パルコ、丸井グループ、ルミネ、アトレ、JR西日本、東神開発、三菱地所、東急不動産HD、サンシャインシティ、野村不動産HD、東武鉄道の計13社
注意・免責事項
ショッピングセンター業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2021年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。ショッピングセンター業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。