飲食業界の動向・ランキング、現状などの研究調査結果

飲食業界

EATING-OUT

飲食業界の2019年版(2018-19年)の業界レポート。動向や現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことで飲食業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

業界規模

5兆5,159億円

(46位/136業界)

伸び率

+3.4%

(70位/136業界)

利益率

+1.2%

(117位/136業界)

平均年収

499万円

(120位/136業界)

飲食業界の現状と動向(2019年版)

グラフは飲食業界の業界規模(対象企業の売上高計)の推移をグラフで表したものです。

飲食業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2018年-2019年の飲食業界の業界規模(主要対象企業110社の売上高の合計)は5兆5,159億円となっています。

  • 08年
  • 09年
  • 10年
  • 11年
  • 12年
  • 13年
  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年

飲食業界の過去11年間の業界規模の推移

深刻な人手不足、値上げ相次ぐ ファーストフード、ファミレスは好調

飲食業界の過去の推移を見ますと、2007年から2018年まで緩やかな増加傾向にあります。

近年の飲食業界は深刻な人手不足に加え、人件費や物流費、材料費などのコストも上昇し利益を圧迫、値上げする企業が相次ぎました。

飲食業界では値上げが相次いでいるにも関わらず、ファストフードやファミレスは好調。共働きや単身世帯の増加が追い風となって客単価が上昇しました。ファストフード業界では、ハンバーガー首位のマクドナルドが独走状態で、2019年11月現在、47ヶ月連続で前年同月の売上高を上回る結果となっています。

ファミレス首位のガストではおひとり様需要を見込んだ、一人客用のボックス席を設けた店舗を順次展開予定。一方、居酒屋は若者の居酒屋離れに加えて、ファミレスでのちょい飲みや家飲みなどの影響を受け苦戦が続き、新業態への転換が進んでいます。

カフェ業界は出店が盛んで、大手のフルサービス業態の店舗では郊外などの空白地へ出店を加速させています。また、ショッピングセンターなどにあるフードコート内は「重食化」が進み、一部の企業ではフードコート内の出店を強化し始めています。今まで未出店だったスシローや柿安などもフードコート型店舗を出店しています。

徐々に進む飲食業界の再編と海外展開

厳しい競争環境にある飲食業界は再編と海外展開も進んでいます。

飲食業界首位のゼンショーは、2018年10月米国のテイクアウト寿司店経営会社「Advanced Fresh Concepts Corp.」を子会社化すると発表、翌年8月にはジョリーパスタを完全子会社化すると同年5月に発表しました。

海外ではゼンショーが『すき家』を積極展開し、中国、タイ、マレーシアなどの東南アジア、メキシコでも開拓を進めています。

ファミレス首位のすかいらーくは、台湾で57店舗、居酒屋などを展開するコロワイドの海外店舗数は199店舗にのぼります(2019年3月現在)。

サービスの質を保ちつつ、いかに人手不足を解消するか

飲食業界では今後、さらなる人手不足やコストの増加が懸念されています。従業員の負担軽減に対して、営業時間の短縮や機械の導入、作業の簡素化が求められます。

飲食各社コストの上昇で値上げが必須になりますが、客単価が上がるため、顧客離れ対策が必要となります。また、人手が足りないことでサービスの質の低下も懸念されます。

今後はサービスの質を保ちつつも、いかに効率化を図るかがポイントとなります。人件費の上昇がみられることから、今後は機械やロボット、AIの導入もさらに進むことでしょう。

飲食業界シェア&ランキング

飲食業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで飲食市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

飲食業界 売上高&シェアランキング(2018年-2019年)

  企業名 売上高 シェア
1 ゼンショーHD 6,076 11.0
2 すかいらーくHD 3,663 6.6
3 日本マクドナルドHD 2,722 4.9
4 コロワイド 2,443 4.4
5 吉野家HD 2,023 3.7
6 スシローグローバルHD 1,748 3.2
7 サイゼリヤ 1,540 2.8
8 プレナス 1,539 2.8
9 トリドールHD 1,450 2.6
10 ロイヤルHD 1,377 2.5
※シェアとは飲食業界の規模(対象企業の110社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで飲食市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ飲食業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

飲食業界 その他のランキング

飲食業界 周辺・関連コンテンツ

飲食業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
飲食業界 対象企業一覧
ゼンショーHD、すかいらーくHD、日本マクドナルドHD、コロワイド、吉野家HD、スシローグローバルHD、サイゼリヤ、プレナス、トリドールHD、ロイヤルHD、くら寿司、ドトール・日レスHD、クリエイト・レストランツ・HD、松屋フーズHD、ワタミ、カネ美食品、王将フードサービス、カッパ・クリエイト、日本KFCホールディングス、サンマルクHD、モスフードサービス、JFLAホールディングス、ペッパーフードサービス、大庄、物語コーポレーション、ココスジャパン、アトム、ロック・フィールド、DDホールディングス、壱番屋などの計110社
注意・免責事項
当飲食業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2019年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。