2021年の牛丼業界の現状や動向、ランキング&シェアなどを解説しています。

牛丼業界

BEEFBOWL

2021年の牛丼業界の現状や動向、ランキング・シェアなどを研究しています。牛丼業界の市場規模の推移をはじめ、大手牛丼チェーンの売上高と月次動向の推移グラフ、2021年のコロナの影響と各社の取り組みについて解説しています。ビジネスや投資、就職や転職の参考資料としてご活用ください。

業界規模

0.3兆円

伸び率

+1.1%

利益率

-2.2%

目次

牛丼業界の現状と動向(2021年版)

グラフは牛丼業界の業界規模(対象企業の3計)の推移をグラフで表したものです。

牛丼業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2020年-2021年の牛丼業界の業界規模(主要対象企業3社の売上高の合計)は3,939億円となっています。

  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年

牛丼業界の過去6年間の業界規模の推移

2020年はコロナにより減収 後半には回復の兆しか

牛丼業界の過去の業界規模の推移をみますと、2015年から2019年にかけて緩やかな上昇トレンドにありましたが、2020年は減少に転じています。

以下のグラフは、牛丼大手3社の過去6年間の売上高の推移です。2020年のゼンショーHDは前年比1.6%減の2,162億円、吉野家HDは前年比5.4%減の1,046億円、松屋フーズは13.7%減の731億円でした(いずれも牛丼部門の売上高)。

牛丼大手3社の売上高の推移

牛丼大手3社の売上高の推移(出所:各社決算資料、グラフは業界動向サーチが作成)

過去の推移をみますと、2020年は3社とも減少に転じましたが、全体としては緩やかな上昇傾向にあることが分かります。売上高の規模としては、ゼンショーが一歩リードしており、吉野家、松屋と続きます。

ゼンショーHDは「すき家」と「なか卯」を展開しています。「すき家」は店舗数日本一の牛丼チェーン店です。ゼンショーは今までM&Aで会社を拡大し、業績を伸ばしてきました。

吉野家HDは、「吉野家」を全国展開しています。吉野家は日本橋の魚市場から発足した創業100年を超える老舗牛丼店です。牛丼や豚丼を中心に展開しています。松屋フーズHDは、「松屋」を展開しています。定食やカレーや丼などメニューが豊富で、季節メニューも人気があります

続いて、2020年から2021年の最新の牛丼業界の動向を見ていきましょう。下のグラフは2020年から2021年の牛丼チェーン3社の既存店売上高の推移です。数字は前年同月比となっています。

牛丼チェーン3社の既存店売上高の推移

牛丼チェーン3社の既存店売上高の推移(出所:各社公表資料、グラフは業界動向サーチが作成)

牛丼チェーン3社の推移は、新型コロナ感染が始まった2020年2月ごろから大幅に下落し、5月を底に上昇しています。その後、10月をピークに2021年2月まで下落。2021年3月からは再び上昇しているのが分かります。2021年3月以降は前年の減少による増加を考慮する必要があり、月によるバラつきもありますが、全体的には回復傾向にあることが分かります。

2020年の牛丼業界は、新型コロナの影響により巣ごもり需要の恩恵は受けましたが、店内飲食数の減少が響き、トータルでは減収となっています。牛丼は以前から持ち帰りが定着しており、他の飲食業に比べれば傷は軽いですが、各社10~20%ほどの減少を記録しています。

競争激化の中、各社はテイクアウト、デリバリーに注力

2020年のコロナ禍でも若干の減少で抑えられた牛丼業界ですが、近年の伸びは鈍化傾向にあります。こうした動向を受け、牛丼大手各社は今後の成長を見据え、様々な施策を実行しています。

「すき家」を展開するゼンショーは、中食需要を取り込むために「アプリ」、「WEB」、「電話」の3つ方法での予約注文が可能となっています。とくにアプリは使用時に自動的にクーポンが適用され、最安値になるなど利用の促進に力を入れています。

「すき家」の注文用アプリ

自動的にクーポンが適用される「すき家」の注文用アプリ

吉野家は、デリバリーや冷凍食品事業を強化しています。吉野家は「ウーバーイーツ」や「出前館」と提携し、18年比で25倍になっているデリバリー事業を強化します。さらに吉野家は、1.6倍に伸びている冷凍食品も強化。公式通販ショップも展開しており、「牛丼の具」など吉野家の味を自宅で食べることができます。

牛丼3位の松屋は、持ち帰り弁当やデリバリーの強化に加え、強みである商品開発に力を入れています。2020年は月に2回ほどのペースで季節限定商品の販売を進めています。

コンビニや中食に加え、コロナにより多くの飲食店がテイクアウトを始めたことから、牛丼業界を取り巻く環境はより厳しいものとなりました。店内飲食の動向も読みにくく、コロナ以前の水準には戻らないとの声もあります。厳しい状況の中、牛丼各社は様々な策を講じており、今後の成長の足掛かりを模索しています。

牛丼業界シェア&ランキング(2021年版)

牛丼業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで牛丼市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

牛丼業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 ゼンショーHD 2,162 54.9
2 吉野家HD 1,046 26.6
3 松屋フーズHD 731 18.6
※ゼンショーHDは牛丼カテゴリー事業、吉野家HDは吉野家事業、松屋フーズHDは牛めし定食事業の売上高です。シェアとは牛丼業界の規模(対象企業の3社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで牛丼市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ牛丼業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

牛丼業界 その他のランキング

牛丼の関連業界

牛丼業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
牛丼業界 対象企業一覧
ゼンショーHD、吉野家HD、松屋フーズHDの計3社
注意・免責事項
牛丼業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2021年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。牛丼業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。