2021年のうどん業界の動向やランキング、シェアなどを研究しています。

うどん業界

UDON

2021年のうどん業界の動向や現状やランキング、シェアなどを分析しています。過去のうどん業界の市場規模の推移をはじめ、大手うどんチェーンの月次売上高の推移グラフ、2021年の新型コロナの影響と各社の取り組みについてご紹介します。ビジネスや投資、就職や転職の参考資料としてご活用ください。

業界規模

0.1兆円

伸び率

-5.2%

利益率

-13.3%

平均年収

590万円

目次

うどん業界の現状と動向(2021年版)

グラフはうどん業界の業界規模(対象企業の7計)の推移をグラフで表したものです。

うどん業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2020年-2021年のうどん業界の業界規模(主要対象企業7社の売上高の合計)は1,142億円となっています。

  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年

うどん業界の過去6年間の業界規模の推移

2020年はコロナで大幅減 回復傾向にあるものの先行き不透明

この記事では外食のうどん業界の動向や現状について解説していきます。うどん業界(外食)の業界規模の推移を見ますと、2019年までは増加傾向にありましたが、2020年には減少に転じています。

下のグラフは主なうどん・和食チェーンの既存店売上高(前年比)の推移で、2020年の最新のうどん業界の動向を知ることができます。

主なうどん・和食チェーンの既存店 売上高の推移

主なうどん・和食チェーンの既存店 売上高の推移(各社公表資料、グラフは業界動向サーチが作成)

各社の既存店売上高は、2020年2月をピークに大幅減少し、4月の底値から上昇に転じています。21年4月、5月は前年が大きく落ち込んだため、急騰となっていますが、全体的には回復傾向にあることが分かります。

2020年のうどん業界は新型コロナによる外食自粛の影響を受け、減収減益を記録しています。2020年前半はコロナの影響で大幅に減少したものの、半ばからロードサイドを中心に回復。9月以降はショッピングセンターや都心も回復傾向にあります。しかしながら、全体的に他の飲食業に比べて戻りは鈍い傾向にあります。

ハンバーガーや弁当と異なり、「うどん」が持ち帰りに適していないことが戻りが鈍い原因として考えられます。コロナの動向が読めない現在、テイクアウトの需要をいかに取り込めるかが今後の課題となります。

うどん業界 売上高ランキング

うどん業界の2020年の売上高ランキングを見ますと、1位がトリドール、2位が吉野家HDでした。上位2社の売上高が大きいことが分かります。トリドールは「丸亀製麺」、吉野家HDは「はなまるうどん」を展開しています。

ちなみに、グルメ杵屋は「杵屋」や「めん坊」、サガミHDは「味の民芸」や「どんどん庵」、フジオフードは「つるまる」などを展開しています。2020年はランキング上位5社ともに減収となりました。

各社テイクアウトに注力 販売チャネルの多様性求められる

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、うどん業界は減収減益を記録しました。飲食業界の中でも「うどん」はテイクアウトと相性が悪く、他の飲食業よりも巣ごもり需要を取り込めていない可能性があります。そのため、各社は様々な施策を実行しています。

「丸亀製麺」を展開するトリドールは、テイクアウト専門の容器を開発し、できたての食感を提供します。また、並ばずに持ち帰りができる「モバイルオーダー」や麺と具材をセットにした「丸亀うどん弁当」も展開。テイクアウトのさらなる取り込みを目指します。

丸亀製麺の「丸亀うどん弁当」

丸亀製麺はテイクアウトを強化している「丸亀うどん弁当」

「はなまる」を展開する吉野家HDもモバイルオーダーなどテイクアウト事業を強化。さらに不採算店舗を50店退店するなど経営体質の改善に着手しています。「味の民芸」などを展開するサガミHDは、電話注文による宅配サービス「ごちたく」を展開しています。また、うどんやめんつゆなどのオンラインショップも手がけています。

ここ数年堅調に推移してきたうどん業界ですが、2020年のコロナにより状況は一変しました。イートイン割合が85%を超えるうどん業界は、今後もコロナの影響を大きく受けるでしょう。ポートフォリオの見直しと、どんな状況でも稼げる販売チャネルの構築が求められています。

うどん業界シェア&ランキング(2021年版)

うどん業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することでうどん市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

うどん業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 トリドールHD 809 70.9
2 吉野家HD 201 17.6
3 サガミHD 53 4.6
4 グルメ杵屋 37 3.2
5 フレンドリー 18 1.6
6 フジオフードグループ本社 14 1.2
7 ライフフーズ 10 0.8
※トリドールHDは丸亀製麺事業、吉野家HDははなまる事業、サガミHDは味の民芸+どんどん庵事業、グルメ杵屋はうどん部門、フレンドリーは香の川製麺事業、フジオフードグループ本社はつるまる事業、ライフフーズは讃岐製麺事業の売上高です。シェアとはうどん業界の規模(対象企業の7社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでうどん市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれうどん業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

うどん業界 その他のランキング

うどんの関連業界

うどん業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
うどん業界 対象企業一覧
トリドールHD、吉野家HD、サガミHD、グルメ杵屋、フレンドリー、フジオフードグループ本社、ライフフーズの計7社
注意・免責事項
うどん業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2021年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。うどん業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。