2021年のパン業界の現状、動向、ランキング、シェア等

パン業界

BREAD

パン業界の2021年版(2020-21年)の業界レポート。動向や現状、ランキングや売上高シェアなどを研究・分析しています。過去のパン業界の市場規模の推移をはじめ、パン生産量の推移、日本人の主食の移り変わり、高級食パンのトレンドや今後の動向について解説しています。パン市場のマーケティングや投資・ビジネス、転職や就職などにお役立てください。

業界規模

1.4兆円

伸び率

-0.8%

利益率

+0.7%

平均年収

311万円

目次

パン業界の現状と動向(2021年版)

グラフはパン業界の業界規模(対象企業の6計)の推移をグラフで表したものです。

パン業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2020年-2021年のパン業界の業界規模(主要対象企業6社の売上高の合計)は1兆4,281億円となっています。

  • 12年
  • 13年
  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年

パン業界の過去9年間の業界規模の推移

2020年のパン生産量は126万t 消費額がコメの1.3倍に拡大

パン業界の過去の推移を見ますと、2012年から19年にかけては緩やかな上昇が見られ、2020年には若干の減少に転じています。

近年、日本人の主食は米からパンへと変わり始めています。農林水産省の「食品産業動態調査」によると、2020年のパン生産量(小麦粉ベース)は、前年比1.4%増の126万4,926トン。内訳は、食パンと菓子パンは各1.8%、フランスパンや調理パンを含むその他は1.4%の増加でした。一方、学給パンは14.6%の減少となりました。

パン生産量の推移(出所:農林水産省、グラフは業界動向サーチが作成)

農林水産省の主食に占める割合の調査でも、1983年に57.2%を記録していた米類が、2003年には42.4%に下落。一方、パンは21.2%から31.4%へと大幅に上昇しています。パンの消費額も上昇傾向にあり、2020年には米の23,920円に対し、パンは31,456円と差が広がり始めています。

パンの需要が伸びている背景としては、食生活の欧米化や若年層を中心とした米離れ、一般家庭の朝食のパンの浸透や孤食・個食などの影響に加え、増加する共働き世帯による時短・簡便ニーズなどが挙げられます。

なかでも近年はパンを好むシニア層の増加や夕食用に購入する家庭が増えており、こうした状況も市場を拡大させてきた要因の一つとなっています。

2020年に入り新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外食を控える消費者が増加。家庭内で食事を取る機会が増えたことで、食パンやロールパン等の食事系パンの需要が伸びています。一方、給食用や業務用のパンにおいては苦戦を強いられています。

2019年から20年の各社の業績は、山崎パンが前年比0.5%増の9,956億円、第一屋製パンが同1.6%減の247億円、日糧製パンが0.6%増の175億円、コモが8.8%増の62億円。4社のうち3社は横ばいで推移、増加はコモの1社のみでした。

コロナ禍で『食パン』好調 ヤマザキ「ロイヤルブレッド」2ケタ伸長

パン業界では新型コロナウイルスによる感染拡大の影響で、商品の売れ方に変化が見られています。テレワークの普及などを背景にコンビニや飲食店の利用者が減り、今まで好調に推移していた菓子パンや惣菜パン、業務用パンの需要が低迷しています。

一方、食パンの需要は増加しています。在宅時間が長くなり調理時間に余裕ができたことや、家庭で食事を摂る機会が増えたことで、惣菜パンから食パンへとニーズが流れています。

実際、業界首位である山崎製パンの2020年12月期決算を見ますと、主力の「ロイヤルブレッド」の売れ行きは、前年同期比が2ケタ増を記録しています。その他「ダブルソフト」や「ふんわり食パン」も好調でした。

ロイヤルブレッド 山崎製パン

ヤマザキ独自の技術と製法で焼き上げる山崎製パンの「ロイヤルブレッド)」

上記の食パンは、山崎製パンがリニューアルや開発に注力している商品です。なかでも主力の「ロイヤルブレッド」は”品質とおいしさ”にこだわった商品です。良質な上級小麦粉とバターを使用し、ヤマザキ独自の技術と製法で焼き上げた食パンで、2012年の発売以降、売上は右肩上がりで推移しています。

さらに、山崎製パンでは年間1,000アイテム以上の新商品の開発を行っています。原料の向上を図り、商品のリニューアルや新商品の開発で、高付加価値商品を市場に投入しています。

消費者の健康を応援する商品開発にも力を入れており、乳酸菌や玄米や12種類の穀物を使用した食パンも展開しています。さらに、近年の健康志向を背景にトランス脂肪酸の含有量を表示する動きも進みつつあります。

パン業界シェア&ランキング(2021年版)

パン業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することでパン市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

パン業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 山崎製パン 9,521 66.7
2 フジパングループ本社 2,743 19.2
3 敷島製パン 1,539 10.8
4 第一屋製パン 240 1.7
5 日糧製パン 173 1.2
6 コモ 65 0.5
※山崎製パンは食品事業の売上高です。フジパングループ本社は2019年の売上高です。シェアとはパン業界の規模(対象企業の6社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでパン市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれパンメーカーの詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

パン業界 その他のランキング

パンの関連業界

パン業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
パン業界 対象企業一覧
山崎製パン、フジパングループ本社、敷島製パン、第一屋製パン、日糧製パン、コモの計6社
注意・免責事項
パン業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2021年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。パン業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。