2020年の保育業界の動向や現状、ランキングなどを研究しています。

保育業界

PRESCHOOL

2020年の保育業界の動向や現状、ランキング・シェアなどを研究しています。過去の保育業界の市場規模の推移をはじめ、保育所利用率と待機児童数の推移、2020年のコロナの影響と売上高ランキング、保育業界が抱える保育士不足の課題などを解説しています。ビジネスや投資、就職、転職などの参考資料としてご活用下さい。

業界規模

0.14兆円

(164位/170業界)

伸び率

+14.4%

(7位/170業界)

利益率

+4.6%

(35位/170業界)

平均年収

438万円

(165位/170業界)

目次

保育業界の現状と動向(2020年版)

グラフは保育業界の業界規模(対象企業の14計)の推移をグラフで表したものです。

保育業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2019年-2020年の保育業界の業界規模(主要対象企業14社の売上高の合計)は1,407億円となっています。

  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年

保育業界の過去6年間の業界規模の推移

2020年のコロナの業績影響は軽微 拡大を続ける保育業界

保育業界の過去6年間の業界規模の推移を見ますと、増加傾向にあります。

厚生労働省の「保育所等関連状況取りまとめ」によると、2019年の保育所利用率は前年比3.9%増の45.8%、待機児童数は前年比15.7%減の16,772人でした。

待機児童数と保育所利用率の推移

保育所定員数と利用児童数の推移(出所:厚生労働省、グラフは業界動向サーチが作成)

グラフを見ますと、保育所利用率は年々増加傾向に、待機児童者数は減少傾向にあることが分かります。待機児童数は減少傾向にありますが、地域による隔たりも見られ、東京、埼玉、千葉、兵庫、福岡、沖縄などでは依然として多い傾向にあります。

保育所は自治体や社会福祉法人による運営がほとんどですが、近年は民間企業の運営も増加しています。業界首位のJPホールディングスは209、ライクキッズは193、グローバルキッズは165の保育施設を運営しています(2019年現在)。

少子化の影響により、児童全体の数は減っているものの、共働き世帯の増加に伴い保育需要は年々増加傾向にあります。一方、供給サイドである保育所の数も増えており、需給バランスはここ10年でずいぶんと改善されました。

2020年の保育業界は、新型コロナウイルスの影響で様々な対策や問題、休園を余儀なくされた保育所が多く見られたものの、依然として需要は高水準にあると言えます。また、登園自粛中は国による運営補助金が支給されるなど、コロナによる業績の影響は軽微であると言えます。

保育業界 売上高ランキング

保育業界の2019年の売上高ランキングを見ますと、首位がJPホールディングス、2位がライクキッズ、3位がグローバルキッズでした。これら3社は保育事業を専業に行う企業となります。

昨年からの推移を見ますと、ランキング上位5社は、いずれも前年よりも上昇がみられます。ランキングからも保育業界が上昇局面にあることが分かります。

保育士不足が課題 保育所新設と保育士の確保を両立できるか

2019年10月には政府による幼児教育・保育の無償化が開始しました。これにより、女性の就業率の増加が期待され、保育所の利用者がさらに増える可能性があります。

入所率の改善や運営施設の増加により、拡大を続ける保育業界ですが、一方で課題もあります。近年、保育所の新設に伴い、保育士の人材不足が問題となっています。

保育士の登録者数と従事者数の推移

保育士の登録者数と従事者数の推移(出所:厚生労働省、グラフは業界動向サーチが作成)

上のグラフは保育士の登録者数と従事者数の推移です。保育士の登録者数は年々、増加傾向にありますが、保育所等で従事していない保育士数も増加傾向にあります。保育士が定着しない要因としては、長時間労働や低賃金などが挙げられます。

業界首位のJPホールディングスは、保育士の人材が確保できないことから、保育所の新設を抑制することを決めました。今後も保育所の新設は一定数必要のため、働いていない保育士をいかに活用するかがカギとなります。同時に、保育士の労働環境の改善も進める必要があります。

女性の社会進出や共働き世帯の増加に伴い、保育業界は拡大を続けてきました。今後も賃金の上昇は見込みにくいため、共働き世帯の数は増えると予測されます。一方、保育士の不足により、新規保育施設の新設も頭打ちが見られます。増える需要に対していかに供給を確保するか、難しいかじ取りが続きます。

保育業界シェア&ランキング(2020年版)

保育業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで保育市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

保育業界 売上高&シェアランキング(2019年-2020年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 JPホールディングス 317 22.5
2 ライクキッズ 229 16.3
3 グローバルキッズCOMPANY 196 13.9
4 ニチイ学館 152 10.8
5 テノ.ホールディングス 100 7.1
6 アートチャイルドケア 83 5.9
7 幼児活動研究会 67 4.8
8 パソナグループ 60 4.3
9 LITALICO 58 4.1
10 リソー教育 48 3.4
※ニチイ学館は保育部門、パソナグループはライフソリューション事業、LITALICOはLITALICOジュニア事業、リソー教育は幼児教育事業の売上高です。シェアとは保育業界の規模(対象企業の14社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで保育市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ保育会社の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

保育業界 その他のランキング

保育の関連業界

保育業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
保育業界 対象企業一覧
JPホールディングス、ライクキッズ、グローバルキッズCOMPANY、ニチイ学館、テノ.ホールディングス、アートチャイルドケア、幼児活動研究会、パソナグループ、LITALICO、リソー教育、ピジョン、ヒューマンHD、ソラスト、成学社の計14社
注意・免責事項
保育業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2020年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。保育業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。