警備業界の現状、動向、ランキング、シェア等を掲載しています。

警備業界

SECURITY

警備業界の2021年版(2020-21年)の業界レポート。動向や現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことで警備業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

業界規模

1.7兆円

(91位/181業界)

成長率

+2.5%

(52位/181業界)

利益率

+4.6%

(38位/181業界)

平均年収

460万円

(174位/181業界)

※矢印は前年比の増減、成長率は直近3年間の平均。平均年収は上場企業の平均ですので、実態よりも高めに出る傾向があります。

目次

警備業界の現状と動向(2021年版)

グラフは警備業界の業界規模(対象企業の10計)の推移をグラフで表したものです。

警備業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2020年-2021年の警備業界の業界規模(主要対象企業10社の売上高の合計)は1兆7,333億円となっています。

  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年

警備業界の過去7年間の業界規模の推移

堅調な推移を続ける警備業界 家庭向け警備の需要高まる

警備業界の過去の推移を見ますと、2014年から2020年にかけて緩やかな増加傾向にあります。

世界的な金融危機の影響で多くの業界が業績を悪化させる中、警備業界はほぼ横ばいと堅調な推移を見せてきました。事業所向け警備、家庭向け警備ともに堅調な推移を見せています。

2018年の刑法犯の認知件数は、81万7,338件で前年比マイナスを記録。刑法犯の認知件数が年々減少する一方、社会的な注目を集める凶悪犯罪の発生、振り込め詐欺等の被害拡大、機密情報や個人情報の漏えいなど私たちの安全を脅かす事件は後を絶ちません。

こうした消費者の安心や安全を求めるニーズは年々高まっており、2013年以降には家庭向け警備サービスの需要が増加。業界全体としても堅調な推移を見せています。

一方、2020年初から新型コロナウイルスの感染拡大により、東京五輪やその他スポーツ、ライブといったイベントが相次いで中止を余儀なくされました。イベント需要を柱としている中小の警備会社にとって、この状況は大きな痛手です。

2020年(2021年決算)の警備業界大手3社の業績は、セコムが前年比2.3%減の1兆358億円、綜合警備保障が同2.1%増の4,699億円、セントラル警備保障が0.6%減の674億円でした。3社とも業績に差異はありましたが、全体としてはほぼ横ばいで推移しています。

多様化するニーズに合わせ様々なサービスを提案 海外展開にも注目

年々高まる安全・安心を求めるニーズ。さらに、そのニーズは日々多様化しており、こうしたニーズに応えるため警備会社は様々なサービスを提案しています。

家庭向け警備サービスでは自動通報システムや各種センサー、住宅用火災警報器、携帯電話と連携して異常が発生した際にメールでお知らせするサービスなど各社とも様々なサービスを提案しています。また、警備業界首位のセコムは医療・介護分野にも力を入れており、医療と警備を連携させたサービスにも注目が集まります。

企業向け警備サービスでは常駐警備をはじめ、24時間監視のオンラインセキュリティシステム、情報漏洩を防ぐPC・ネットワーク監視、病院、学校、マンション、金融機関など特定の機関に特化した業態別警備など多くのサービスを手掛けています。

一方、将来的には中国、アジアを中心とした海外での警備サービス需要も見逃せないところ。警備業界首位のセコムはすでに中国、韓国、台湾、タイなどに進出。業界2位の綜合警備保障もタイ、中国、マレーシア、インドネシアなどにも展開しており、これからも東南アジアを中心とした海外展開が加速する見通しです。

警備業界シェア&ランキング(2021年版)

警備業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで警備市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

警備業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 セコム 10,358 59.8
2 綜合警備保障 4,699 27.1
3 セントラル警備保障 674 3.9
4 アサヒセキュリティ 471 2.7
5 全日警 409 2.4
6 東洋テック 260 1.5
7 セコム上信越 243 1.4
8 トスネット 99 0.6
9 共栄セキュリティーサービス 61 0.4
10 アール・エス・シー 59 0.3
※全日警は2019年の売上高です。シェアとは警備業界の規模(対象企業の10社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで警備市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ警備会社の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

警備業界 その他のランキング

警備の関連業界

警備業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
警備業界 対象企業一覧
セコム、綜合警備保障、セントラル警備保障、アサヒセキュリティ、全日警、東洋テック、セコム上信越、トスネット、共栄セキュリティーサービス、アール・エス・シーの計10社
注意・免責事項
警備業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2021年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。警備業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。