ジュエリー業界の現状、動向、ランキング、シェア等を掲載しています。

ジュエリー業界

JEWELRY

ジュエリー業界の2019年版(2018-19年)の業界レポート。動向や現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことでジュエリー業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

業界規模

2,413億円

(130位/136業界)

伸び率

-2.5%

(128位/136業界)

利益率

+1.1%

(118位/136業界)

平均年収

428万円

(132位/136業界)

ジュエリー業界の現状と動向(2019年版)

グラフはジュエリー業界の業界規模(対象企業の売上高計)の推移をグラフで表したものです。

ジュエリー業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2018年-2019年のジュエリー業界の業界規模(主要対象企業14社の売上高の合計)は2,413億円となっています。

  • 08年
  • 09年
  • 10年
  • 11年
  • 12年
  • 13年
  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年

ジュエリー業界の過去11年間の業界規模の推移

インバウンド消費が牽引 節約志向も依然として高い傾向に

ジュエリー業界の過去の推移を見ますと、2007年から09年までは減少傾向。09年から15年までは増加傾向にありましたが、15年から17年にかけて再び減少に転じています。

日本経済は2008年秋に端を発した金融危機の影響で、国内経済が大幅に低迷。その後、一部景気の持ち直しが見られるものの、雇用情勢や個人消費の低迷など依然として厳しい状況が続いていました

2008年から11年のジュエリー業界は、貴金属相場の下落が地金素材の需要を刺激したものの、消費者心理の冷え込みが顕著化し、買い控えする傾向に。高額商品を中心に店舗売上高が前年を大幅に下回る結果となりました。

2012年に入り、政権交代による経済対策や金融緩和に対する期待感から円安基調に。13年には国内消費が回復を見せる中、高額商品の需要が堅調に推移しています。

さらに、2012年以降、訪日外国人客の増加によるインバウンド消費が旺盛に。いわゆる『爆買い』という言葉も流行しました。この時期にはジュエリー、貴金属、高級ブランドなど高額商品が売れ、ジュエリー業界の業績を牽引してきました。

一方、ここ数年では中国経済の低迷を背景に『爆買い需要』が大きく減少。さらに2019年1月に「中国電子商取引法」が施行され、今後、海外での代理購入者は営業許可証の取得が必要となります。インバウンド需要の減少にさらなる打撃となりました。

国内に目を向けても、若年層を中心とした節約志向により「ジュエリー離れ」が加速。消費税増税など消費者の節約志向は依然として強いものとなっており、ジュエリー業界にとっては厳しい環境が続きます。

また、近年では消費者のニーズや好みのブランドも多様化する傾向に。以前に比べ、消費者ニーズを捉えにくく、ターゲティングとブランディングがますます重要になってきます。

ジュエリー業界シェア&ランキング

ジュエリー業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することでジュエリー市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

ジュエリー業界 売上高&シェアランキング(2018年-2019年)

  企業名 売上高 シェア
1 コメ兵 (※) 463 19.2
2 エステールHD 325 13.5
3 ヨンドシーHD (※) 292 12.1
4 サマンサタバサジャパンリミテッド 277 11.5
5 ハピネス・アンド・ディ 203 8.4
6 ナガホリ 200 8.3
7 ツツミ 175 7.3
8 NEWARTHD 175 7.3
9 フェスタリアHD 96 4.0
10 ベリテ 83 3.4
※コメ兵はブランド・ファッション事業、ヨンドシーHDはジュエリー事業の売上高です。シェアとはジュエリー業界の規模(対象企業の14社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでジュエリー市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれジュエリー会社の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

ジュエリー業界 その他のランキング

ジュエリー業界 周辺・関連コンテンツ

ジュエリー業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
ジュエリー業界 対象企業一覧
コメ兵、エステールHD、ヨンドシーHD、サマンサタバサジャパンリミテッド、ハピネス・アンド・ディ、ナガホリ、ツツミ、NEWARTHD、フェスタリアHD、ベリテ、シチズン時計、クロスフォー、光・彩、サハダイヤモンドの計14社
注意・免責事項
当ジュエリー業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2019年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。