建設コンサルタント業界の動向、ランキング、現状、シェア等を掲載しています。

建設コンサルタント業界

CONSTRUCTION CONSULTANT

建設コンサルタント業界の2021年版(2020-21年)の業界レポート。動向や現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことで建設コンサルタント業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

業界規模

0.6兆円

(142位/190業界)

成長率

+4.9%

(32位/190業界)

利益率

+4.2%

(47位/190業界)

平均年収

651万円

(68位/190業界)

※矢印は前年比の増減、成長率は直近3年間の平均。平均年収は上場企業の平均ですので、実態よりも高めに出る傾向があります。

目次

建設コンサルタント業界の現状と動向(2021年版)

グラフは建設コンサルタント業界の業界規模(対象企業の26計)の推移をグラフで表したものです。

建設コンサルタント業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2020年-2021年の建設コンサルタント業界の業界規模(主要対象企業26社の売上高の合計)は6,297億円となっています。

  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年

建設コンサルタント業界の過去6年間の業界規模の推移

建設コンサルタント業界とは?

建設コンサルタントとは、専門的な知見から、官公庁などの行政機関、外国政府や国際機関、地民間会社等に対して、道路、橋、ダム、港湾、上下水道、電力設備などのインフラに関するコンサルティングや計画・調査・設計、維持管理などを行う業者を指します。

建設コンサルタント業界とは、建設コンサルタントを主な事業として行っている会社の属する市場およびマーケットです。

建設コンサルタント会社は日本でも数多くありますが、中でも日本工営、建設技術研究所、ACKグループ、応用地質、長大などが国内では高いシェアを誇っています。

一口に建設コンサルタントと言ってもその対象範囲は広く、会社によって得意とする分野が異なります。建設コンサルタント業界に就職を考えている方は、各企業の事業内容をしっかりと確認しておいて下さい。

インフラの老朽化、自然災害の甚大化など社会的ニーズ高まる

建設コンサルタント業界の過去の業界規模の推移を見ますと、2015年から2020年まで増加傾向にあります。

2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くの業界や企業が減収・減益を記録しましたが、建設コンサルタント業界は増収・増益を記録しています。

建設コンサルタント業界が好調な理由として、インフラの老朽化と防災需要が挙げられます。

日本では建設・土木インフラの老朽化が課題となっており、日本全土でインフラ整備の需要が高まっています。国土交通省によると2018年から2033年における社会インフラの老朽化率(築50年を超える割合)は、道路橋は25%から63%、トンネルは20%から42%、河川管理施設は32%から62%へと増加する見込みです。

また、近年は自然災害が甚大化しており、洪水や土砂崩れ、津波や地盤沈下などの防災需要も高まっています。国もこうした自然災害に対処すべく、「国土強靭化計画」を立ち上げ、防災や減災の取り組みを強化しています。

インフラの老朽化対策や自然災害の防災・減災については、今後もさらに重要度を増していくとみられ、建設コンサルタント業界の底堅い推移が予測されます。

一方、海外においてもアジアやアフリカといった開発途上国におけるインフラ整備の需要が高まっています。実際に、建設コンサルタント各社は海外へも積極的に進出しており、大手の海外売上高比率は20~30%にのぼります。

2020年から2021年の建設コンサルタントの売上高は、日本工営が前年比8.7%増の1,178億円、建設技術研究所が同4.0%増の651億円、オリエンタルコンサルタンツHDが0.6%減の628億円、パシフィックコンサルタンツが5.6%増の507億円でした。

建設コンサルタント業界シェア&ランキング(2021年版)

建設コンサルタント業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで建設コンサルタント市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

建設コンサルタント業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 日本工営 1,178 18.7
2 建設技術研究所 651 10.3
3 オリエンタルコンサルタンツHD 628 10.0
4 パシフィックコンサルタンツ 507 8.1
5 応用地質 496 7.9
6 国際航業 384 6.1
7 E・Jホールディングス 343 5.4
8 長大 309 4.9
9 八千代エンジンニヤリング 222 3.5
10 日水コン 205 3.3
※シェアとは建設コンサルタント業界の規模(対象企業の26社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで建設コンサルタント市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ建設コンサルタント会社の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

建設コンサルタント業界 その他のランキング

建設コンサルタントの関連業界

建設コンサルタント業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
建設コンサルタント業界 対象企業一覧
日本工営、建設技術研究所、オリエンタルコンサルタンツHD、パシフィックコンサルタンツ、応用地質、国際航業、E・Jホールディングス、長大、八千代エンジンニヤリング、日水コン、いであ、NJS、オオバ、ウエスコHD、構造計画研究所、FCホールディングス、川崎地質、エンバイオ・HD、協和コンサルタンツ、土木管理総合試験所、オリジナル設計、エプコ、環境管理センター、キタック、山田債権回収管理総合事務所、トライアイズの計26社
注意・免責事項
建設コンサルタント業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2021年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。建設コンサルタント業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。