工作機械業界の現状、動向、ランキング、シェア等を分析・研究

工作機械業界

MACHINETOOL

工作機械業界の2019年版(2018-19年)の業界レポート。動向や現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことで工作機械業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

業界規模

5兆3,862億円

(49位/136業界)

伸び率

+5.7%

(38位/136業界)

利益率

+10.1%

(8位/136業界)

平均年収

649万円

(52位/136業界)

工作機械業界の現状と動向(2019年版)

グラフは工作機械業界の業界規模(対象企業の売上高計)の推移をグラフで表したものです。

工作機械業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2018年-2019年の工作機械業界の業界規模(主要対象企業46社の売上高の合計)は5兆3,862億円となっています。

  • 12年
  • 13年
  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年

工作機械業界の過去7年間の業界規模の推移

受注高 2年連続で最高を更新するも、米中の不透明感拭えず

工作機械業界の過去の推移を見ますと、2012年から16年にかけて増減を繰り返しながら推移し、2017、2018年には増加に転じています。

2011年から13年の工作機械業界は、欧州の債務危機や中国をはじめとしたアジア経済の減速などの影響で横ばいに。13年以降は設備投資の増加、欧州の航空機、産業機械向け需要が旺盛になり、再び増加に転じました。

2017年には自動車、半導体向けが好調で過去最高の受注高を記録。業績もそれに伴い、大幅に増加しています。

2018年の工作機械受注高は1兆8,158億円と2年連続で過去最高を更新。2017年に続き好調を維持していますが、米中貿易摩擦の行方など先行き不透明感も漂い始めています。特に、中国経済の先行きが読めず、企業の設備投資の手控え感が広がりつつあります。

経済の動向に左右される工作機械業界 企業の設備投資に注目

工作機械とは、金属などを加工し、様々な部品や金型を作り出す機械です。機械を作る機械であることから「マザーマシン」とも呼ばれます。工作機械業界はこうした工作機械メーカが形成する市場および業界を指します。

また、一口に工作機械と言ってもその種類は多く、旋盤、ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、研削器、歯切り盤、マシニングセンタ、ターニングセンタ、放電加工機と多岐にわたります。用途では、自動車向けをはじめ、電機・精密機械、航空機、IT製品、産業機械などこちらも様々な産業に利用されています。

工作機械業界は、製造業の設備投資の動向に比例する傾向があります。そのため、自動車、航空機、電子部品といった製造業の動向が、工作機械メーカーに大きな影響をあたえます。経済に占める製造業の割合は高いため、世界経済の動向に左右されやすく、経済の先行きを占う業界とも言えます。

実際に、2009年前後の金融危機時は受注がほぼゼロになるなど、多大な損害を受けました。景気が良い時は良いのですが、悪い時にはかなり悪化する性質を持ち合わせているため、浮き沈みの大きい業界であるとも言えます。

近年では自動車、半導体、航空機、精密機械など製造業の業績が堅調に推移し、これに伴い、工作機械業界も堅調な推移を見せています。ただし、好調だったスマホ需要も世界では一服感が見られ、米中貿易摩擦など不透明感も漂い始めており、予断を許さない状況が続きます。

工作機械業界シェア&ランキング

工作機械業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで工作機械市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

工作機械業界 売上高&シェアランキング(2018年-2019年)

  企業名 売上高 シェア
1 ファナック 6,355 11.8
2 DMG森精機 5,012 9.3
3 マキタ 4,905 9.1
4 安川電機 4,746 8.8
5 THK 3,534 6.6
6 アマダHD 3,384 6.3
7 不二越 2,522 4.7
8 オークマ 2,117 3.9
9 牧野フライス製作所 2,047 3.8
10 コマツ (※) 2,032 3.8
※コマツは産業機械他事業の売上高です。シェアとは工作機械業界の規模(対象企業の46社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで工作機械市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ工作機械メーカーの詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

工作機械業界 その他のランキング

工作機械業界 周辺・関連コンテンツ

工作機械業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
工作機械業界 対象企業一覧
ファナック、DMG森精機、マキタ、安川電機、THK、アマダHD、不二越、オークマ、牧野フライス製作所、コマツ、日本製鋼所、ジェイテクト、ディスコ、オーエスジー、東芝機械、ブラザー工業、アイダエンジニアリング、ソディック、三井ハイテック、シチズン時計、ツガミ、スター精密、日精樹脂工業、旭ダイヤモンド工業、岡本工作機械製作所、滝澤鉄工所、エンシュウ、OKK、三井精機工業、ユニオンツールなどの計46社
注意・免責事項
当工作機械業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2019年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。