2021年の空調業界の動向や現状、ランキング&シェアなどを分析しています。

空調業界

AIR CONDITIONER

2021年の空調業界の動向や現状、ランキング&シェアなどを研究しています。空調業界の過去の市場規模の推移をはじめ、売上高推移グラフとランキング、2020年のコロナ禍の動向と現状、業界の新しいトレンドと今後の見通しなどを解説しています。ビジネスや投資、就職や転職の参考資料としてご活用下さい。

業界規模

3.2兆円

伸び率

+2.1%

利益率

+5.3%

平均年収

730万円

目次

空調業界の現状と動向(2021年版)

グラフは空調業界の業界規模(対象企業の13計)の推移をグラフで表したものです。

空調業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2020年-2021年の空調業界の業界規模(主要対象企業13社の売上高の合計)は3兆2,111億円となっています。

  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年

空調業界の過去6年間の業界規模の推移

2020年度の空調業界 家庭用はプラス、業務・産業用は低迷

2020年-2021年の空調業界の動向と現状を見ていきましょう。空調業界の過去の業界規模の推移を見ますと、2015年から2019年までは緩やかな増加傾向でしたが、2020年には若干の減少に転じています。

下のグラフは空調業界首位のダイキン工業の売上高と利益率の推移を示したものです。棒グラフは売上高、折れ線グラフは売上高利益率の推移となっています。

ダイキンの売上高と利益率の推移(出所:有価証券報告書、グラフは業界動向サーチが作成)

ダイキン工業の「空調・冷凍機事業」の売上高の推移を見ますと、2016年から2019年にかけて緩やかな増加傾向にありましたが、2020年には若干の減少に転じています。利益率は2017年から減少傾向にあります。

2020年の空調業界の動向としては、コロナ禍における巣ごもり需要や特別定額給付金の支給、猛暑の影響などで家庭用のエアコン・空調は前年を上回る結果となりましたが、コロナによる世界的な経済活動の停滞などを背景に設備投資が減退。業務用や産業用、ビル空調分野が低迷し、全体としては前年比マイナスとなりました。

家庭用好調、業務用苦戦という動きは海外でも同様の傾向が見られ、世界的な動向となっています。2020年後半から2021年にかけては、業務用空調も回復の兆しを見せていますが、新型コロナウイルスの収束時期はいまだ不明で、先行きの見えない状況は続きます。

空調業界 売上高ランキング

2020年の国内の空調業界売上高ランキングによると、首位のダイキン工業の売上高が非常に大きいことが分かります。ダイキン工業はエアコン・空調専業の会社で、家庭用エアコンから業務用空調まで幅広く扱います。エアコン・家庭向け空調では世界首位級のシェアを誇り、業務用では国内で圧倒的なシェアを占めます。

ランキング全体としては、2020年は2019年に比べて横ばい、または下落した企業が多く、コロナの影響を受けた厳しい一年となりました。

コロナ禍の新トレンドや海外強化など 産業向けも底堅く

2020年は新型コロナの感染拡大により苦戦した空調業界ですが、感染対策の一環として空調に「換気」や「給気」の機能を求める声が高まっています。こうしたニーズはコロナ禍で生まれた新しいトレンドであり、各社販売を強化しています。

空調首位のダイキン工業は、独自の換気機能やストリーマ技術の訴求を強化しています。

ダイキンの換気。

ダイキンは家庭用、業務用空調ともに「換気」を訴求

ダイキンは給気換気・無給水加湿機能を追加した『うるさらX』をさまざまなシリーズに搭載するなど、換気機能を前面に押し出した販売を手掛けています。

一方、空調工事の国内最大手の高砂熱学工業は、中国やタイ、ベトナムなどアジア展開を強化しています。コロナで世界的な動きが制限されている中、2021年4月には国際グループ事業統括部を新設するなど、ポストコロナを見据えた展開を強化しています。

2020年の空調業界は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、前年比マイナスを記録しました。低迷していた業務用は回復傾向にありますが、銅価格の上昇など原料費の高騰も懸念されています。

一方、新型コロナウイルスが流行するにつれて、「換気」や「給気」への関心が高まるなど新たなトレンドも発生しています。産業空調やビル空調に関しては、5Gの普及、データセンター、医薬品メーカー需要、大型再開発など中長期的には底堅く推移することが予想されています。現状としては厳しい状況ではありますが、新たな潮流を捉え、変化に対応しながら今後の原動力に変えてゆきたいところです。

空調業界シェア&ランキング(2021年版)

空調業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで空調市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

空調業界 売上高&シェアランキング(2020年-2021年)

順位 企業名 売上高 シェア
1 ダイキン工業 22,738 70.8
2 高砂熱学工業 2,751 8.6
3 富士通ゼネラル 2,331 7.3
4 大気社 1,340 4.2
5 朝日工業社 626 1.9
6 テクノ菱和 548 1.7
7 日本空調サービス 491 1.5
8 新晃工業 391 1.2
9 日本電技 288 0.9
10 富士古河E&C 213 0.7
※は空調部門の売上高で、ダイキン工業は空調・冷凍機事業、富士通ゼネラルは空調機事業、大気社は環境システム事業、朝日工業社は設備工事事業、日本電技は空調計装関連事業、富士古川E&Cは空調設備工事業の売上高です。シェアとは空調業界の規模(対象企業の13社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで空調市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ空調業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

空調業界 その他のランキング

空調の関連業界

空調業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
空調業界 対象企業一覧
ダイキン工業、高砂熱学工業、富士通ゼネラル、大気社、朝日工業社、テクノ菱和、日本空調サービス、新晃工業、日本電技、富士古河E&C、コロナ、木村工機、協立エアテックの計13社
注意・免責事項
空調業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2021年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。空調業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。