乳製品業界の動向や現状、ランキング等

牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品

乳製品業界の動向や現状、ランキング、シェアなどを分析しています。データは2021-2022年。乳製品業界の過去の市場規模の推移をはじめ、乳酸菌飲料と発酵乳の生産量の推移グラフ、売上高ランキングの分析、乳製品で近年伸びているヨーグルト分野の動向を詳しく解説します。

乳製品業界(2021-2022年)

乳製品業界の推移と基本情報

業界規模

1.7兆円

成長率

-2.5

利益率

5.4

平均年収

787万円

  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年
  • 21年

乳製品業界の過去の業界規模の推移を見ますと、2020年まで横ばいで推移していましたが、2021年には減少に転じています。

乳製品業界の動向と現状(2021-2022年)

2021年は業務用が持ち直し 家庭用乳製品は反動減

農林水産省の食品産業動態調査によると、2021年の乳酸菌飲料の生産量は前年比2.0%増の39.5万kl、発酵乳の生産量は同0.5%減の22.9万klでした。

乳酸菌飲料と発酵乳の生産量の推移

乳酸菌飲料と発酵乳の生産量の推移(出所:農林水産省、グラフは業界動向サーチが作成)

2021年の乳酸菌飲料は増加、一方の発酵乳は微減となりました。乳酸菌飲料、発酵乳ともに17年ごろから上昇し、高い水準で推移しています。ちなみに、発酵乳とは原料の乳に乳酸菌や酵母などを加え、発酵させて糊状または液状にしたものです。発酵乳の代表格はヨーグルトで、発酵乳を加工したものが乳酸菌飲料となります。

2021年の乳製品業界は、外食向けやホテル、観光業やお土産等の業務用乳製品の需要は、コロナ前の水準に届いていないものの、多少の持ち直しの動きが見られています。家庭用向け乳製品おいては、一部企業を除き前年の巣ごもり特需の反動から需要は減少。また、冬以降は原材料や燃料価格が高騰し、飲料などの一部商品の値上げにより販売数が減少することとなりました。

一方、機能性や高付加価値分野のアイスクリームやヨーグルト、チーズなどは、継続的な伸びが見られています。

続いて、乳製品業界の内部の動向を見ていきます。2020年の乳製品業界の売上高ランキングを見ますと、

乳製品業界 売上トップ5(2021-2022年)

順位 企業名 売上高(億円)
1 森永乳業 4,786
2 雪印メグミルク 4,766
3 ヤクルト本社 3,882
4 明治HD 3,249
5 六甲バター 550

※乳製品関連の部門売上高。1位が森永乳業、2位が雪印メグミルク、3位がヤクルト本社、4位が明治HDでした。いずれも部門別の売上高となります。売上高の規模を見ますと、上位4社が強いのが分かります。

売上高首位の森永乳業は、食品事業が全売上高の95%を占めます。主力の一般消費者向けBtoC事業や栄養食品やサプリメント販売のウエルネス事業のほか、近年は機能性素材やビフィズス菌などの菌体販売のBtoB事業も展開しています。雪印メグミルクは、全売上高の86%を乳製品事業と飲料・デザート事業が占めます。このほか、酪農生産に関わる飼料・種苗事業も展開しています。

2021-2022年の乳製品業界の業績を見ますと、5社中3社が前年比で減少、2社が横ばいでした。特に森永乳業と雪印メグミルクは5,000億円を割り込むなど、2ケタのマイナス成長を記録しています。

「機能性ヨーグルト」が伸長 「健康を意識した商品」に注力

プロバイオティクスのイメージ

2021年の乳製品業界は、前年の内食需要の高まりに対する反動により、家庭用乳製品の需要が落ち込みました。一方、健康や機能性といった高付加価値商品においては、堅調に推移しています。

家庭用乳製品の内訳を見ますと、牛乳やチーズ、アイスクリームはほぼ横ばいでしたが、ヨーグルトの伸びが顕著に見られます。

森永乳業の乳製品 分野別 売上高の推移

森永乳業の乳製品分野別 売上高の推移(各行公表資料、グラフは業界動向サーチが作成)

上のグラフは森永乳業の分野別売上高の推移です。他の乳製品が伸び悩みを見せる中、ヨーグルトが好調であることが分かります。ここでは森永乳業を取り上げましたが、他社もおおむね、同様の傾向が見られます。

ここ数年の乳製品業界は、健康意識の高まりから「機能性ヨーグルト」の需要が増加しています。2020年の新型コロナウイルスの感染拡大以降、消費者の健康ニーズはさらに高いものになりました。こうした動向を受け、各社は機能性ヨーグルトの開発に力を入れています。

明治HDは、1073R-1乳酸菌を使用した「R1」を展開。約6,000種類以上から選び抜かれた乳酸菌を売りに、ドリンクヨーグルト市場で売上No1を記録しました。森永乳業は便通改善の「ビヒダス」や生活習慣病を予防する「トリプルヨーグルト」など機能性表示食品を展開。ヤクルト本社もストレス緩和や睡眠の質向上を目的とした「ヤクルト1000」を新たに展開しています。

いずれも従来のヨーグルトに加え、「健康を意識した商品」であることが特徴的です。こうした高付加価値商品は単価が高く、利益率が高いのが特徴です。利益率の向上は、業績の安定化につながります。今後、日本は高齢化が進むため、消費者の健康ニーズはますます高まるでしょう。高付加価値商品の開発は、今後の成長の柱として注力すべき分野です。

乳製品業界 ランキング&シェア

乳製品業界の売上高ランキング&シェアをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収などをランキング形式でまとめました。各種ランキングを比較することで乳製品市場のシェアや現状、動向を知ることができます。

乳製品業界 売上高&シェアランキング(2021年-2022年)

順位 企業名 売上高(億円)
1 森永乳業 4,786
2 雪印メグミルク 4,766
3 ヤクルト本社 3,882
4 明治HD 3,249
5 六甲バター 550
6 チチヤス 118

※森永乳業は食品事業、雪印メグミルクは乳製品+飲料デザート類事業、ヤクルト本社は飲料・食品事業、明治HDはヨーグルト・チーズ+牛乳事業の売上高です。シェアとは乳製品業界全体に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで乳製品市場における各企業の占有率を知ることができます。矢印は対前年比の増減を表しています。下記のランキングをクリックするとそれぞれ乳製品業界の詳細ランキングページにジャンプします。

その他のランキング

関連リンク

乳製品業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。関連業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。

乳製品業界 対象企業一覧

森永乳業、雪印メグミルク、ヤクルト本社、明治HD、六甲バター、チチヤスの計6社

注意・免責事項

乳製品業界の動向や現状、ランキング、シェア等のコンテンツ(2021-2022年)は上記企業の有価証券報告書または公開資料に基づき掲載しております。乳製品業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書や公開資料にてご確認ください。