冷凍食品業界の動向とシェア、ランキングなど

ピザやチャーハンなどの冷凍食品

冷凍食品業界の動向や現状、シェアやランキングなどを研究・分析しています。データは2021-2022年。対象企業の過去の業績を追うことで冷凍食品業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

冷凍食品業界(2021-2022年)

冷凍食品業界の推移と基本情報

業界規模

1.5兆円

成長率

1.7

利益率

4.6

平均年収

709万円

  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年
  • 20年
  • 21年

冷凍食品業界の過去の業界規模の推移を見ますと、2021年まで緩やかな増加傾向にあります

冷凍食品業界の動向と現状(2021-2022年)

2021年の冷凍食品は前年比5%増 業務用も回復へ

2021年の冷凍食品の生産金額は、家庭用が前年比5.2%増の3,919億円、業務用が同5.3%増の3,451億円でした。2021年は家庭用、業務用ともに5%の増加を記録しています。

2021年の冷凍食品業界は、昨年から続く新型コロナによる自粛の影響に加え、時短や簡便を求める共働き世帯、高齢世帯の増加に伴い家庭用冷凍食品の需要が高まりました。

2021年の品目別で伸長したのは、パン・パン生地+58.4%、グラタン・ドリア+36.2%、ピラフ類+21.1%、ミートボール+20.4%でした。2021年はとくに、自宅でおいしいパンが食べられるお取り寄せの「冷凍パン」の人気が高まりました。ここ数年は主食を伴う食卓への冷凍食品の需要が増え、「簡単かつ美味しい」といった商品に人気が集まっています。

近年は、スーパーの冷凍食品売り場の拡大に加え、ドラッグストアでの取り扱いも増えています。さらに、コンビニのPB商品の増加など、冷凍食品の販売は拡大傾向にあります。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、自宅で過ごす時間が増えたことで、時短や簡便へのニーズが強まっています。特に器を必要としないトレー付きや袋のまま食べられる麺類や炒飯、おかずと御飯がセットになった冷凍食品が注目されています。また、2021年は経済再開の動きに伴い、落ち込んでいた業務用冷凍食品の需要回復も見られました。

冷凍食品業界 売上トップ5(2021-2022年)

順位 企業名 売上高(億円)
1 日本水産 3,298
2 マルハニチロ 3,016
3 ニチレイ 2,442
4 味の素 2,217
5 日本たばこ産業 1,472

※は冷凍食品関連の部門売上高です。2021-2022年の冷凍食品業界の売上高ランキングを見ますと、首位が日本水産で、マルハニチロ、ニチレイ、味の素と続きます。売上規模は接戦で、今後ランキングの変動も考えられます。

首位の日本水産は「ニッスイ」の通称でも知られ、主力は食品事業と水産事業です。冷凍食品は家庭用と業務用を手掛け、日本をはじめ欧米やアジア、南米で展開しています。

2021-2022年の冷凍食品業界は、ランキング5社中4社が増収となり、好調な1年でした。

国内は堅調に推移 米国やアジアなど海外市場開拓も加速

海外市場と分析

国内では人口減少や少子高齢化が問題視される中、共働き、単身、高齢世帯の増加に伴い、冷凍食品需要は今後も底堅いと見られています。

また、飲食を提供する企業や店舗では、調理工程の短縮や負担軽減につながるため、冷凍食品の利用が人手不足解消の一つとなり、業務用冷凍食品の需要も伸びるとみられています。

課題はコストの増加で、世界的なインフレやウクライナ危機の影響により、値上げが相次いで実施されました。さらに、冷凍食品は冷凍状態を維持するため、物流費のコストが高い点が挙げられます。配送ルートや共同配送といった物流の効率化が問われています。

さらに、今後は少子高齢化や人口減少の影響により、中長期的な国内市場の縮小は避けられません。簡便・時短ニーズは引き続き底堅いと思われますが、いずれは人口減少の影響を受けてしまうでしょう。こうした動向から、冷凍食品会社は海外市場に期待を寄せています。米国や欧州、カナダなど海外では冷凍食品の需要が多く、さらに今後は成長著しい東南アジアで冷凍食品の需要の拡大が期待できます。

こうした動向を受け、業界大手のニチレイは冷凍食品需要の高い北米やアジアで展開、さらに、米国ではアジアン系テイストの冷凍食品が好調で、今後は現地に合わせたスタイルを展開する予定です。

冷凍食品業界 ランキング&シェア

冷凍食品業界の売上高ランキング&シェアをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収などをランキング形式でまとめました。各種ランキングを比較することで冷凍食品市場のシェアや現状、動向を知ることができます。

冷凍食品業界 売上高&シェアランキング(2021年-2022年)

順位 企業名 売上高(億円)
1 日本水産 3,298
2 マルハニチロ 3,016
3 ニチレイ 2,442
4 味の素 2,217
5 日本たばこ産業 1,472
6 極洋 810
7 日清食品HD 808
8 東洋水産 513
9 日東ベスト 497
10 大冷 229

※日本水産は食品事業、マルハニチロは加工事業、ニチレイは加工食品事業、味の素は冷凍食品事業、日本たばこ産業は加工食品事業、極洋は冷凍食品事業、日清食品HDは低温・飲料事業、東洋水産は低温食品事業の売上高です。シェアとは冷凍食品業界全体に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで冷凍食品市場における各企業の占有率を知ることができます。矢印は対前年比の増減を表しています。下記のランキングをクリックするとそれぞれ冷凍食品業界の詳細ランキングページにジャンプします。

その他のランキング

関連リンク

冷凍食品業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。関連業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。

冷凍食品業界 対象企業一覧

日本水産、マルハニチロ、ニチレイ、味の素、日本たばこ産業、極洋、東洋水産、日清食品HD、日東ベスト、大冷、イートアンドHDの計11社

注意・免責事項

冷凍食品業界の動向や現状、ランキング、シェア等のコンテンツ(2021-2022年)は上記企業の有価証券報告書または公開資料に基づき掲載しております。冷凍食品業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書や公開資料にてご確認ください。