2020年の信用金庫業界の動向や現状、ランキングなどを研究しています。

信用金庫業界

CREDITUNION

2020年の信用金庫業界の動向や現状、ランキング、シェアなどを研究しています。信用金庫業界の過去の市場規模の推移をはじめ、経常収益と純利益の推移グラフ、2020年のコロナの影響や地域ごとの推移、近年の再編の動向などを詳しく解説しています。ビジネスやマーケティング、就職、転職の参考資料としてご活用下さい。

業界規模

1.6兆円

(96位/170業界)

伸び率

-0.03%

(146位/170業界)

利益率

+6.6%

(16位/170業界)

目次

信用金庫業界の現状と動向(2020年版)

グラフは信用金庫業界の業界規模(対象企業の120計)の推移をグラフで表したものです。

信用金庫業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2019年-2020年の信用金庫業界の業界規模(主要対象信金120行の経常収益の合計)は1兆6,887億円となっています。

  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年
  • 19年

信用金庫業界の過去5年間の業界規模の推移

2020年はコロナにより貸出残高は伸びるが、利益は減少傾向へ

信用金庫業界の動向と現状を分析していきます。

下のグラフは、主な信用金庫120行の経常収益と純利益の推移です。2019年の経常収益は前年比+2.0%の1兆6,887億円、純利益は前年比-10.8%の1,786億円でした。

信用金庫業界の経常収益と純利益の推移

信用金庫業界の経常収益と純利益の推移(各行公表資料、グラフは業界動向サーチが作成)

経常収益は若干の増加に転じましたが、純利益は大幅に減少し、4年連続の減少を記録しています。利益の減少に歯止めがかからない状況となっています。

信用金庫および信用組合は、出資者の相互扶助を目的とした非営利組織です。地域ごとに営業エリアが限定されており、出資者から集めたお金を個人や中小企業に貸し付けます。銀行とは異なり、貸し出しや預金、定期積金などにも一定の制限があるのが特徴です。

2020年の信用金庫業界は、新型コロナの資金繰り支援の増加により、貸出残高は増加しました。結果的に特需となった2020年ですが、楽観視はできません。今後、コロナの影響により地方経済が深刻化すれば、貸し倒れリスクが増える危険性があります。とくに信用金庫の場合、貸出先は中小や個人が大半ですので、貸し倒れリスクは他の金融機関に比べて高くなります。不透明感は依然として高いと言えるでしょう。

厳しい状況にある信用金庫 再編の動きも活発化

近年の信用金庫業界は、地方経済の衰退、人口の減少、長引くマイナス金利の影響により、厳しい状況が続いています。ここ数年は、利益の減少に歯止めがかかりません。

信用金庫は地域に密着した「協同組織金融機関」です。メガバンクや地方銀行に比べ、地域との結びつきは強く、その地域の人口や経済の影響をまともに受けます。良い意味でも悪い意味でも、その地域と運命をともにすることになり、地域を支える重要な役割を担っています。

地域別 信用金庫の経常収益の推移

地域別 信用金庫の経常収益の推移(各行公表資料、グラフは業界動向サーチが作成)

上のグラフは地域別の信用金庫の経常収益の推移を示したものです。北陸・甲信越、関東、北海道・東北、近畿が4年前の水準を下回っており、とくに北陸・甲信越の落ち込みが大きいことが分かります。

信用金庫は非営利組織であるため、稼ぎを重視すべきではありませんが、預金者からお金を預かる地域の金融機関として、一定の健全性を確保する義務はあります。株式会社と異なり、できることは限られていますが、業務の効率化はどの信用金庫も取り組めるはずです。

一方、近年では信用金庫の再編の動きも活発化しています。2020年1月には宮崎都城信用金庫と南郷信用金庫が合併し、「宮崎第一信用金庫」が、2020年2月には備前信用金庫と日生信用金庫が合併し、「備前日生信用金庫」が、2020年9月には北陸信用金庫と鶴来信用金庫が合併し、「はくさん信用金庫」が発足しました。

今後は地方で人口減少と高齢化がさらに進みます。再編の動きもさらに活発化することが予想され、今後の動向に注目が集まります。

信用金庫業界シェア&ランキング(2020年版)

信用金庫業界内における経常収益及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、職員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで信用金庫市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

信用金庫業界 経常収益&シェアランキング(2019年-2020年)

順位 企業名 経常収益 シェア
1 京都中央信用金庫 686 4.1
2 岡崎信用金庫 483 2.9
3 多摩信用金庫 475 2.8
4 大阪信用金庫 432 2.6
5 城南信用金庫 400 2.4
6 城北信用金庫 365 2.2
7 埼玉縣信用金庫 360 2.1
8 西武信用金庫 360 2.1
9 高知信用金庫 353 2.1
10 尼崎信用金庫 345 2.0
※シェアとは信用金庫業界の規模(対象企業の120社合計)に対する各企業の経常収益が占める割合です。シェアを比較することで信用金庫市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ信用金庫業界の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の経常収益の前年比の増減を表しています。

信用金庫業界 その他のランキング

信用金庫の関連業界

信用金庫業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
信用金庫業界 対象企業一覧
京都中央信用金庫、岡崎信用金庫、多摩信用金庫、大阪信用金庫、城南信用金庫、城北信用金庫、埼玉縣信用金庫、西武信用金庫、高知信用金庫、尼崎信用金庫、京都信用金庫、浜松磐田信用金庫、大阪厚生信用金庫、朝日信用金庫、大阪シティ信用金庫、岐阜信用金庫、東京東信用金庫、近畿産業信用組合、横浜信用金庫、川崎信用金庫、播州信用金庫、碧海信用金庫、瀬戸信用金庫、広島信用金庫、巣鴨信用金庫、さわやか信用金庫、長野県信用組合、飯能信用金庫、北おおさか信用金庫、大阪協栄信用組合などの計120社
注意・免責事項
信用金庫業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2020年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。信用金庫業界のデータは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。