石油業界のシェア、給料、現状等をリサーチ。

石油業界

OIL

石油業界の2019年版(2018-19年)の業界レポート。動向や現状、シェア、売上高、純利益、勤続年数、平均年収等のランキングを掲載しています。対象企業の過去の業績を追うことで石油業界全体の現状や動向、傾向を知ることができます。

業界規模

22兆4,238億円

(17位/136業界)

伸び率

+9.9%

(14位/136業界)

利益率

+3.1%

(85位/136業界)

平均年収

843万円

(9位/136業界)

石油業界の現状と動向(2019年版)

グラフは石油業界の業界規模(対象企業の売上高計)の推移をグラフで表したものです。

石油業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。

2018年-2019年の石油業界の業界規模(主要対象企業11社の売上高の合計)は22兆4,238億円となっています。

  • 08年
  • 09年
  • 10年
  • 11年
  • 12年
  • 13年
  • 14年
  • 15年
  • 16年
  • 17年
  • 18年

石油業界の過去11年間の業界規模の推移

2017、2018年原油価格は上昇トレンドを形成 石油業界には追い風

石油業界の過去の推移を見ますと、2007年から09年に下落後、09年から13年までは増加傾向、13年から16年にかけて下落に転じ、17年から18年には再び上昇を記録しています。近年、石油業界は増減を繰り返しているのが分かります。

2010年6月、消防法の改正により14年までに設置後40年を過ぎた地下タンクの改修が義務化されることになりました。この結果、膨大な改修費用が必要になり、廃業するガソリンスタンドが増加。

結果として「ENEOS」(JXホールディングス)など資本力の大きな企業が生き残る図式となり、市場の淘汰が鮮明になりました。現在の石油業界は、子会社で「ENEOS」を展開するJXホールディングスが高いシェア誇り、出光興産、東燃ゼネラル石油が続きます。

2014年10月、サウジアラビアの原油価格の大幅引き下げに伴い、1バレルあたり90ドルだった原油価格は翌年には40ドル代前半まで下落。近年、類を見ない大幅下落を記録しました。こうした動向を受け、日本の石油業界も大きな影響を受け、国内需要の減少も加わり、 石油各社の業績は大きく下落しました。

2017年に入ると6月ごろを底に原油価格は長期の上昇基調を見せます。上昇は2018年10月ごろまで続き、石油業界にとっては強い追い風となりました。

再編が加速 JXTG HDが誕生、出光と昭和シェルも統合へ

石油業界では長期的な内需の減少を見越し、大規模な再編が加速しています。

2010年4月に業界首位の新日本石油とジャパンエナジーの親会社であった新日鉱ホールディングスが経営統合し、JXホールディングスが発足。17年4月にはJXホールディングスと東燃ゼネラルが統合してJXTG HDが誕生しました。

2015年には出光興産と昭和シェル石油が経営統合を発表。ただし、出光興産の創業家による反対により調整は難航していましたが、2019年4月に出光興産が昭和シェル石油を完全子会社化することでひとまず決着がつきました。

石油、石炭に代わる新エネルギー分野を模索

地球温暖化が叫ばれる昨今、国内の石油需要はますます縮小傾向に。また、いずれ枯渇するとされる石油、石炭に代わる新たなエネルギー分野の拡大を各社進めています。

JXホールディングス傘下のJX日鉱日石エネルギーは、家庭で電気とお湯を作り出すシステム『エネファーム』や太陽光発電事業を推進。また、業界2位の出光興産では風力発電やバイオ燃料、地熱発電といった再生可能エネルギー事業を展開しています。

2009年7月にはエネルギー供給構造高度化法が制定。エネルギー供給構造高度化法はエネルギー供給事業者(石油、電気、ガス供給会社など)に対して再生可能エネルギーや化石燃料の有効活用を促す法律です。今後は従来の化石燃料から再生可能エネルギーへのシフトがますます進むと見られ、各社様々な試みが進められています。

石油業界シェア&ランキング

石油業界内における売上高及びシェアのランキングをはじめ、純利益、利益率、総資産、従業員数、勤続年数、平均年収をランキング形式でまとめました。
各々のランキングを比較することで石油市場内のシェアや現状、動向を知ることができます。

石油業界 売上高&シェアランキング(2018年-2019年)

  企業名 売上高 シェア
1 JXTGホールディングス (※) 94,813 42.3
2 出光興産 44,251 19.7
3 昭和シェル石油 30,828 13.7
4 コスモエネルギーHD 27,703 12.4
5 国際石油開発帝石 9,713 4.3
6 三愛石油 7,269 3.2
7 富士石油 5,416 2.4
8 石油資源開発 2,679 1.2
9 日新商事 649 0.3
10 富士興産 610 0.3
※JXTGホールディングスはエネルギー事業の売上高です。シェアとは石油業界の規模(対象企業の11社合計)に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することで石油市場における各企業の占有率を知ることができます。各ランキングをクリックするとそれぞれ石油会社の詳細ランキングページにジャンプします。矢印は各企業の売上高の前年比の増減を表しています。

石油業界 その他のランキング

石油業界 周辺・関連コンテンツ

石油業界を見た人は他にこんなコンテンツも見ています。周辺業種の現状や動向、ランキング、シェア等も併せてご覧ください。
石油業界 対象企業一覧
JXTGホールディングス、出光興産、昭和シェル石油、コスモエネルギーHD、国際石油開発帝石、三愛石油、富士石油、石油資源開発、日新商事、富士興産、東亜石油の計11社
注意・免責事項
当石油業界の動向、現状、ランキング、シェア等コンテンツ(2019年版)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。業界データは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。