EC業界の売上高ランキング(2020年-2021年)

EC業界

EC

EC業界の売上高ランキング一覧を掲載。売上高の高い企業をランキング形式でまとめました。売上高はじめ、ランキングにおけるシェアの表示、前年比の増減なども分かりやすくビジュアル化しています。EC業界内の勢力把握や各企業の優位性などをご確認下さい。データは2020年-2021年の最新版です。

EC業界 売上高ランキング(2020 - 2021年)

順位 企業名 売上高 (億円)
1 アマゾン(日本事業) 21,893  
2 Zホールディングス 8,380  
3 楽天グループ 8,201  
4 MonotaRO 1,573  
5 大塚商会 1,541  
6 ファーストリテイリング 1,076  
7 メルカリ 1,061  
8 オイシックス・ラ・大地 1,000  
9 アダストリア 538  
10 ファンケル 500  

EC業界 売上高ランキング 11位以下(2020 - 2021年)

順位 企業名 売上高 (億円)
11 クルーズ 271  
12 ストリーム 262  
13 シュッピン 255  
14 マガシーク 239  
15 I-ne 233  
16 スクロール 229  
17 BEENOS 221  
18 ベガコーポレーション 193  
19 ゴルフダイジェスト・オンライン 178  
20 ビューティガレージ 155  
21 ロコンド 102  
22 ジェネレーションパス 99  
23 北の達人コーポレーション 92  
24 cotta 78  
25 エニグモ 70  
順位 企業名 売上高 (億円)
26 白鳩 56  
27 ユニフォームネクスト 49  
28 交換できるくん 47  
29 リネットジャパングループ 39  
30 夢展望 39  
31 ほぼ日 37  
32 ANAP 32  
33 AmidAホールディングス 31  
34 石垣食品 24  
35 クリーマ 20  
36 GMOペパボ 19  
37 ピーバンドットコム 19  
38 コパ・コーポレーション 16  
※ランキングはECを主たる事業としている企業、または小売企業でEC事業のセグメント開示をしている企業を対象としています。Zホールディングスはコマース事業(ヤフー、ZOZO、アスクル含む)、楽天グループはインターネットサービス事業、大塚商会はサプライ事業、ファーストリテイリングは国内Eコマース事業、アダストリアはWEB事業、ファンケルは通信販売事業計、クルーズはSHOPLIST事業、ストリームはインターネット通販事業、シュッピンはEC売上、スクロールはeコマース事業、BEENOSはEコマース事業、ゴルフダイジェスト・オンラインはゴルフ用品販売事業、ビューティガレージは物販事業、ジェネレーションパスはECマーケティング事業、リネットジャパングループはリユース事業、夢展望はアパレル事業、ほぼ日は直販売上高、ANAPはインターネット販売事業、石垣食品はインターネット通信販売事業、GMOペパボはハンドメイド事業、コパ・コーポレーションはインターネット通販事業の売上高です。シェアとはEC業界全体に対する各企業の売上高が占める割合です。シェアを比較することでEC市場における各企業の占有率を知ることができます。矢印は対前年比の増減を表しています。下記のランキングをクリックするとそれぞれEC業界の詳細ランキングページにジャンプします。

EC業界 その他のランキング(2020-2021年)

注意・免責事項
当EC業界の売上高ランキング(2020-2021年)は上記企業の有価証券報告書に基づき掲載しております。ランキングは上記企業のデータの合計または平均を表したものです。掲載企業に関しましてはできる限り多くの企業を反映させるよう努めていますが、全ての企業を反映したものではありません。あらかじめご了承ください。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。重要な判断を伴う情報の収集に関しましては、必ず各企業の有価証券報告書にてご確認ください。