労働者数ランキングを掲載。170以上の業界からトップ50を一覧で掲載しています。

業界別 労働者数ランキング

2019年-2020年の業界別 労働者数ランキングを掲載。170以上の業界から労働者数の多い業界トップ50をランキング形式でまとめました。ランキングを見ることで各業界の特徴を体系的に把握することができます。
  業界名 労働者数
1 電気機器 505,933
2 サービス 343,439
3 自動車部品 331,373
4 機械 247,761
5 小売 236,812
6 IT 219,892
7 自動車 211,544
8 金融 203,362
9 化学 185,379
10 卸売 160,056
11 家電 157,934
12 鉄道 143,898
13 住宅設備 131,181
14 銀行 130,370
15 半導体 126,497
16 地方銀行 106,727
17 食品 104,418
18 介護 101,675
19 専門商社 98,951
20 百貨店 97,977
21 建設 97,121
22 運送 94,358
23 電力 91,317
24 重電 86,356
25 OA機器 85,132
26 電子部品 84,505
27 リチウムイオン電池 83,351
28 信用金庫 79,393
29 建設機械 78,073
30 工作機械 76,387
31 鉄鋼 75,320
32 製薬 72,532
33 二輪車・バイク 68,810
34 保育 63,070
35 医療機器 61,676
36 不動産 59,141
37 金属製品 58,950
38 鉄道車両 57,847
39 電気通信工事 57,589
40 スーパー 56,799
41 住宅 56,165
42 土石製品 50,099
43 精密機器 49,747
44 飲食 49,221
45 非鉄金属 49,111
46 造船重機 48,378
47 ゴム・タイヤ 43,548
48 マンション 43,159
49 カメラ 40,238
50 繊維 40,186
ここでの労働者数は各業界の主要企業の従業員数の合計を表したものです。労働者数が多い業界は、規模が大きい、総資産額が大きいなどの特徴があり、いずれも日本を代表する産業と言えます。

業界ランキング 一覧

注意・免責事項
労働者数ランキングは各業界の合計または平均を表したものです。各業界の詳細については、リンク先ページをご覧下さい。また、情報に関しましては精査をしておりますが、当サイトの情報を元に発生した諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負うものではありません。あらかじめご了承下さい。